老後のお金のはなし

注目される家族信託のテックサービスについて

相続に向けて家族間の円滑な資産承継を実現する方法に、家族信託があります。2020年代に入り、ITの力で家族信託を手掛けるテックサービスが大規模な資金調達を完了し、話題になりました。テックサービスは専門性の高い家族信託の仕組みをどのようにアップデートしているのでしょうか。


家族信託とは何か

まず、家族信託とは何かをお伝えします。家族信託は円滑な資産承継のため、家族のなかに委託者・受託者・受益者といった3つの立場を設定します。


委託者 資産を所有している親世代など。資産が不動産や証券などの場合は現在の名義人が委託者となる。

受託者 資産の管理・運用・処分を行う。決まってはいないが、委託者の子世代であることが多い。

受益者 家族信託の運用にて発生した利益を受け取る立場。受託者と同一人物である場合も、異なる人物の場合もある。


受託者は委託者が預託された資産を信託契約で預かるとともに、「運用」をします。家族信託が浸透する前に活用されていた成年後見制度は、資産の保全が目的であり、運用性はありません。具体的には投資信託などで元本を投資し、利益創出を目指すことです。


参照:阿波銀行HP


家族信託×テックサービスが大型の資金調達を実現

2024年1月、家族信託のテックサービス「おやとこ」を手掛けるトリニティ・テクノロジーがシリーズBにて18.1億円の資金調達を完了しました。また同時期に競合であるファミトラも、7億円を調達しています。日本における高齢化社会の到来や、認知症による資産凍結の問題を背景として、投資の対象として注目されています。


(トリニティ・テクロノジーによる家族信託の説明)

家族信託とはについての解説

家族信託のおやとこについて


家族信託の弱点と補完したテックサービス

家族信託が浸透した背景には、この仕組みが指摘されていた弱点をテックサービスが上手く補完したことが挙げられます。それは「信託契約を組成した後」です。


家族信託を扱う専門家は、信託契約の組成時に力を発揮します。組成時点はともかく、将来的にもリスクが無い信託契約を実現するためです。その契約にもとづき受託者に財産が移転したのち、頼りになるのは運用のコンサルティングです。


家族信託によって運用できます、収益を生み出すことができますと言われても、具体的なノウハウが無ければ先に進むことはできません。また、リターンと相対的なリスク(損失)が発生すると、受託者にとっても大きなプレッシャーになります。家族とはいえ、預かった資産から損失を生み出しているためです。


信託契約組成後のコンサルティングを月額サービスにて提供


トリニティテクノロジーズの「おやとこ」では、信託契約後のサービスも徹底しています。銀行とのAPI連携やレシートの読み込み機能などで、帳簿や報告書を自動生成し、信託契約後の財産管理が見える化される仕組みです。イメージとしては家計簿アプリに代表されるPMFサービスに近いでしょう。


信託後の運用として効果的な生命保険の見直しや不動産の運用に関しても、専門家が窓口にたってアフターフォローすることが当サービスの特徴です。


個人投資家にもお勧めしたい家族信託

さて、この家族信託について、個人投資家各位はどのように関わっていけばいいのでしょうか。サービスはこれから金融機関や資産管理領域など様々な提携を進め、家族信託を軸にサービスが広がっていくことでしょう。


前線としてテックサービスが知名度を高めることで、当該サービスによらない家族信託の仕組みや、利用者が増加することも充分に考えられます。相続や終活領域で活動していた専門家にとっては「便利だがコストが高い存在」として認識されることの多かった家族信託の印象が変わっていく可能性もあります(狭義では家族信託といえない金融機関主導の信託が、家族信託を名乗っていた側面もあるのですが)。



本記事でもう一つ考えたいのは、運用資産を持つ個人投資家と家族信託の関係です。


万が一のことがあった場合、それまで運用益を目指して意思決定をしてきた資産運用に、唐突に「出口」が到来することになります。ただ、その出口では進めてきた資産の蓄積が課税対象となるだけではなく、既に死亡しているため希望通りの承継先や承継の仕組みを活用することができません。遺される家族に充分な説明ができていればいいですが、まだまだ日本は相続のことを話し合うことによって「縁起でも無い」という感情が先に来てしまう文化です。


自分が運用してきた資産に、想定よりも早くコントロールできない出口が到達した際に、それを運命として受け入れる前にできることがあるのではないか。時流に乗って、自分にとっての家族信託の活用方法を考えてみましょう。

この連載の一覧
注目される家族信託のテックサービスについて
2024年開始の相続資産組入れ7年変更により変わる個人投資家の相続対策
2024年のスタートに個人投資家の相続を改めて考える
30代で貯金ゼロの割合は26.7%!今からできる3つの対処法を紹介
株や投資信託は自分が亡くなったらどうなる?相続の方法・手続き、評価について解説
専業主婦の年金額は?老後資金を投資信託で準備する3つのメリット!
【旦那の退職金が激減】どうする?老後資金!おすすめの運用方法と注意点もご紹介します
頑張って貯めたお金を「相続人なき遺産」にしないために
投資視点から見た相続関連法改正と情報把握
定年退職の退職金は低リスク・低リターンの運用を。国債・インデックス投資…何が良い?
配当金で「ゆとりある老後」を過ごす60代夫婦のリアルな生活費とは
人生100年時代、何歳まで働く?積立・長期・分散投資で豊かな老後を
上手な年金の受け取り方とは?「継投」で長生きリスクに備えよう
iDeCoの受給方法、一時金と年金どっちが良い?税金のシミュレーションや注意点を解説
金融の知識は「生活スキル」、投資で生きる力を育もう
年金受給額の増やし方とは?60歳からでもできる!4つの方法を紹介
老後に向けた資産運用で最適なポートフォリオとは?3つのポイントを解説
【FP解説】老後の資金を確保するために、おすすめしたい5つの方法
老後のために資産運用をはじめて失敗…やってはいけない4つのこと
シン・老後資金2,000万円問題
老後資金はどうやって貯める? FPが年代別の資産形成方法を解説
老後資金はいくら必要?生活費・医療費・介護費を貯めるためには
物価が上がる時代に向き合う
金融商品は「老後のため」、投資にもっとも関心があるのは30代

独立型ファイナンシャルプランナー

工藤 崇

株式会社FP-MYS 代表取締役 1982年北海道生まれ。相続×Fintechサービス「レタプラ」開発・運営。2022年夏より金融教育のプロダクト提供。上場企業の多数の執筆・セミナー講師の実績を有する独立型ファイナンシャルプランナー(FP)。

工藤 崇の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております