気になるあの企業の給料は?

新卒初任給を20%引き上げたラクス

「楽楽精算」でおなじみのラクスが2024年1月24日、一般社員の賃上げおよび新卒初任給の引き上げを実施すると発表しました。


同社は2015年12月に当時の東証マザーズ市場(現グロース市場)に上昇。2021年に東証プライム市場へと市場変更しています。前述した楽楽清算が業績をけん引し、直近の業績である24.3期の売上高は382億9500万円(前期比39.8%増)、営業利益は53億9000万円(同3.3倍)を見込むなど非常に好調です。


その同社が実施する賃上げの内容は、年収ベース(2024年5月支給の給与より)で一般社員は平均8.5%、2024年度新入社員の初任給は約20%の大幅な引き上げとなります。


同社の発表資料によれば、同賃金改定により、月収は平均3.3%増、また賞与においても支給月数の引き上げにより平均12.0%増、年収において平均5.5%のベースアップが見込まれます。さらに定期昇給が平均3%ほどが加わり、年収ベースで平均8.5%の報酬増となる見通しとのことです。


また、先に述べたように新卒社員の初任給も引き上げされます。同社では都市手当が支給されているため地域によって若干の差がありますが、東京では従来の25万9000円(年収391万円)から30万0625円(年収479万円)と年収ベースで約20%の給与アップとなるようです。


国税庁が公表している「令和4年分 民間給与実態統計調査」における日本人の平均年収は457万6000円ですから、新入社員の時点でこれを超える水準というのは、なかなかの高給といっても良いのではないでしょうか。




それでは新入社員ではない一般社員の平均年収はどのくらいでしょうか。2023年3月期の有価証券報告書によれば、同期の平均年収は643万8000円。当然ではありますが、新卒を大きく上回る水準です。


2022年3月期については、同619万9000円、2021年3月期が同609万円、2020年3月期が同591万8000円。2020年3月期には従業員数は538名でしたが、会社の成長とともに増加し、2023年3月期には1253名にまで増加しました。この間、平均年齢は32歳前後、平均勤続年数は3年弱でほぼ変わっておらず、非常に若い会社と言う印象を受けます。従業員数が増えているため平均勤続年数が短いままであり、かつ平均年齢が下がっていないことから、中途採用が多いことが推測できます。


この点について、実は同社が賃上げを発表した1月24日付の日本経済新聞でも解説されています。同記事では、賃上げの理由について、これまで採用は即戦力となる中途人材が中心だったが、人手不足が強まるなかで「中途採用でまかないきれなくなってきた」との同社宮内貴宏取締役のコメントを掲載しています。


待遇改善で社員をつなぎ留め、外部人材を呼び込むほか、新卒採用にも力を入れる方針とのことで、2024年4月は13名(エンジニアのみ)だった新卒採用を、2025年4月は営業職など含めて35人にまで拡充する予定。2026年以降もさらに増やしていく方向で検討しているとのことです。


新卒採用の強化については、社員の平均年齢が下がり、平均勤続年数も低下することで、平均年収を押し上げる面もあるでしょう。しかし、表にもあるように右肩あがりで平均年収が伸びてることもあり、トータルでは賃金は上昇傾向が続くでしょう。戦力アップで業績の方も伸長を期待したいところです。


この連載の一覧
給与引き上げ相次ぐゲーム業界 人材獲得競争が激化
新卒初任給を20%引き上げたラクス
2024年はバブル高値更新? 盛り上がるをみせる証券業界の給料は?
賃上げが進む外食産業 松屋フーズHDの平均年収は?
社長が個人資産50億円を社員に贈呈 太っ腹企業の平均給与は
プログリットが給与を50万円引き上げる理由
2023年上半期IPO企業の給与をチェック(後編)
イトーヨーカ堂の再編を進めるセブン&アイ
新卒年収を560万円に引き上げたSansan
メガバンクとネット銀行の給料を比較
組合要求を上回る賃上げを実施するキッコーマン
(10)国内最多の40万人を対象に賃上げへ「イオン」
(9)アルバイトを含む2万人を対象に賃上げを実施するオリエンタルランド
(8)初任給30万円に引き上げるファーストリテイリング
12月IPO企業の給与をチェック
(7)コロナ禍からの回復進むJR東海
気になるあの企業の給料は?(6)半導体製造装置で世界トップクラス 東京エレクトロン
気になるあの企業の給料は?(5)コンテナ特需で過去最高益の日本郵船
気になるあの企業の給料は?(4)大企業にも負けないベンチャーのメルカリ
気になるあの企業の給料は?(3) 時価総額日本一のトヨタ自動車
気になるあの企業の給料は?(2) 巨額赤字が話題のソフトバンクグループ
気になるあの企業の給料は?(1) 初任給42万円超えのサイバーエージェント

日本株情報部 アナリスト

斎藤 裕昭

経済誌、株式情報誌の記者を経て2019年に入社。 幅広い企業への取材経験をもとに、個別株を中心としたニュース配信を担当。

斎藤 裕昭の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております