中国株投資を始めるためのキーワード

「辰年相場」:過去4回は平均14%上昇、風水では年後半に上昇か

2024年は2月10日に春節(旧正月)を迎え、新暦・旧暦ともに正式に辰(たつ)年が始まりました。2月9日に終わった卯(うさぎ)年をみてみると、中国の景気減速への懸念などを背景にハンセン指数は年間で29%下落し、2021年2月12日-22年1月31日の丑(うし)年(21%下落)や2015年2月19日-16年2月7日の未(ひつじ)年(22%下落)を超え、直近10年で最大の下げ幅を記録した後とあって、続く辰年への期待はいやが上にも高くなっています。



ハンセン指数は1969年11月24日から算出が始まったので、今回で5回目の辰年となりますが、過去4回あった辰年のパフォーマンスを振り返ってみると、最も古い1976年1月31日-77年2月17日が5%上昇、1988年2月17日-89年2月5日が33%上昇、2000年2月5日-01年1月23日が横ばいとなっています。直近の2012年1月23日-13年2月9日は世界の主要中央銀行が緩和的な金融政策を進めたことで市場のセンチメントも改善し、ハンセン指数は15%上昇。過去4回の平均では14%上昇とまずまずの成績となっています。



辰年の平均騰落率は十二支中7位、トップは子年

干支別にハンセン指数の平均騰落率をみてみると、辰年は7位にとどまり、半分より下に位置しています。十二支のなかで最もパフォーマンスが良かったのは子(ねずみ)年(46%上昇)で、2位の未年(35%上昇)を10ポイント超引き離しています。ちなみに、子年の好調は1972年2月15日-73年2月2日に221%上昇という驚異的な数字を叩き出したことが理由で、72年の子年に続く73年の丑年は、香港では破産や自殺が相次いだ大暴落「73股災(股は株式の意味)」があった年としても知られており、73年の丑年と74年の寅(とら)年の下落率はそれぞれ57%、49%に達しています。


ハンセン指数の平均パフォーマンスが最も悪かった干支は巳(へび)年(14%下落)で、下落率はワースト2位の丑年(6%下落)を8ポイント引き離しています。巳年は過去4回のいずれも下落と負け続きで、ITバブルが崩壊した2001年の巳年は下落率が32%に達しています。辰年が始まったばかりで来年の心配するのはまだ気が早いかもしれませんが、25年は巳年に当たるため、巳年の不調はやや気がかりなデータでもあります。



風水で占う辰年相場、「土」や「火」に関連するセクターを選好

一方、香港では生活に風水が根付いていることもあり、春節が近くなると、証券会社が風水を用いた相場見通しを発表するのが毎年恒例となっています。最も有名なのはCLSAが発表する「風水指数報告」で、ハンセン指数が誕生した1969年と2024年の辰年などを絡めて相場を占っています。リポートでは、24年の辰年のハンセン指数はスロースタートで、いったん下落した後に持ち直し、7-8月に元気を取り戻す見通しで、その後は順調に上昇し、高値を更新すると予想しています。


セクター別では、不動産や建設など「土」に関連するセクターに良い兆しがみられるほか、テクノロジーや石油・ガスなど「火」に関連するセクター、医療ヘルスケア、アパレル、芸術など「木」に関連するセクターも有望としています。半面、海運や貿易など「水」に関連するセクターは期待できないようです。CLSAの近年の風水リポートをみてみると、19年や22年はハンセン指数の推移などを言い当てているものの、その他の年については五分五分といったところ。風水がわかれば、試しに読んでみるのも面白いかもしれません。


この連載の一覧
「景勝地運営」:上場企業を通してみる中国観光地、黄山や玉龍雪山など
「辰年相場」:過去4回は平均14%上昇、風水では年後半に上昇か
「映画市場」:23年興行収入は4年ぶり高水準、国産映画が圧倒的存在感
「胡潤百富榜」:英会計士が趣味で始めた長者番付、トップは農夫山泉の会長
「三条紅線」:不動産企業が超えてはならない3本のレッドライン
「シグナル8」:台風襲来で取引停止、制度見直し議論本格化
「中国人民銀行」:中国の中央銀行
「中央1号文件」:新年最初の政策文書 20年連続で「三農」がテーマ
「房住不炒」:不動産投機を封じ込む中国の不動産政策基調
「人口問題」:61年ぶり人口減、かつては第2子で高額罰金
「香港証取の2通貨建て取引」:人民元グローバル化推進の一環
「一線都市」:近年は「新一線都市」も登場
「新エネ車」:高まる中国の存在感 BYDは日本進出
「明星株」:台湾歌手の関連銘柄が香港デビュー
「国務院」、最高国家行政機関
「中央経済工作会議」、経済関連の最高会議
「広州交易会」:年2回開催、貿易動向を占うバロメーターとして注目
「n中全会」、5年間に7回開催の重要会議
「共産党大会」、事実上の中国の最高指導機関
「最低賃金」:地域ごとに決定、上海は月給が10年で6割増
「結婚事情」:婚姻件数激減、背景には中国古来の固定観念?
「失業率」:若年層は5人に1人が失業、諦めムードも
「全国政協」、全人代と合わせて「両会」
「全人代」、国家最高権力機関
「中国の祝日・イベント 」:国務院が祝日スケジュールを年末に発表、近年は「独身の日」も台頭

中国株情報部 アナリスト

竹内 なつ子

大学卒業後、日本の証券会社に勤務。中国・北京での語学留学を経て、日系証券会社の上海駐在員事務所や台湾の会計士事務所で翻訳業務に従事。2級FP技能士。

竹内 なつ子の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております