J-REIT入門

REIT指数、ここまで下げたらその先は・・・

REIT指数が下げ止まりません。


出遅れるREIT指数」では、2024年に入って日経平均が大きく上昇する一方、REITが低調に推移していることについて触れましたが、2月に入ると下方向に勢いがついています。今週に入って2月19日には節目の1700ポイントを割り込む場面もありました。


陰線が連続で並ぶ


特に取引時間中の動きが弱く、2月5日から20日まで11営業日連続で陰線を形成しています。終値が始値を下回ると陰線となります。この11営業日ではプラスで終えた日も3営業日あるだけに、売り圧力の強さが印象付けられています。



現時点では明確な売り材料が不明


2023年のREIT指数は、下げる場面があっても1800ポイント近辺では押し目買いが入っていました。実際、昨年後半も1800ポイントを割り込みましたが、年末には1800ポイント台を回復しました。


2024年も1月は1800ポイントより上で推移する場面が多かっただけに、2月に入ってからの動きは異様といえます。


ただ、ここまで鋭角的に下げてしまうと、「利回り面で妙味がある水準になった」という理由だけで反転を期待するのは楽観的かもしれません。


やっかいなことに、現時点では明確な売り材料がはっきりしません。

出遅れるREIT指数」で指摘したように

・米国の長期金利が下がりづらくなっている

・日本の長期金利は今後、方向としては上がりそう

という点はあります。


ただ、足元の日米の金利がJ-REITをここまで売り込まなければいけないほど、激しく上昇しているわけではありません。


主な投資主体である地方銀行が何らかの理由でJ-REITを売っている、多くの地銀が同じ行動を採っているといった見方もあります。直近の下げ方をみるとそのようでもありますが、その場合、ある程度売り需要を消化しないと需給が改善してこないと考えられます。


ここからのイメージ①


ここからのREIT指数に関しては2つのパターンが考えられます。


一つは、下げの理由がある程度クリアになるパターン。REIT指数に限った話ではないですが、理由なく下げが続くというのが投資家目線では一番気味が悪い状態となります。一方、下げの理由がはっきりしてくれば、そのことでもう一段下げたとしても、悪材料出尽くし感が出てきます。


地銀が売っているかどうかといった話はすぐには分かりませんが、そういった動きが活発になってくれば新聞などで特集記事も出てきますので、早晩周知されることになると思われます。


このパターンでは売り圧力が和らいでくればV字回復にも期待が持てます。


ここからのイメージ②


下げの理由がはっきりしない場合でも、REITは安定した分配金が期待できるため、どこかで売りは一巡すると思われます。ただ、なぜ下げたのかがクリアにならないと、また同じような下げに見舞われる恐怖感から、押し目買いは恐る恐るとなります。そのため、下げた明確な理由がはっきりしないままの状況が続くパターンでは、しばらくは低空飛行が続くと思われます。

落ちるナイフをつかむな


株式市場には「落ちるナイフをつかむな」という相場格言があります。急落している銘柄はつい買いたくなってしまうけれども痛手を負うことも多いことを言い表しています。


残念ながら今のJ-REITは落ちるナイフの状態になっていると考えられます。リバウンドしても戻り売りに押されるリスクがありますので、慌てて飛びつくのは得策ではないように思われます。


下げの明確な理由が周知されてくれば押し目買いも一考ですが、その場合でも想定している全額を一気に投入するのではなく、複数回に分けて購入する方が良いでしょう。


下げの理由がはっきりしない②のパターンでは、値動きがフラットになるまで待って、陽線の出現が多くなってきた辺りが押し目買いのタイミングとなります。


この連載の一覧
REITの逆襲
先週のJ-REIT市場では●●がゼロでした!
REIT指数、ここまで下げたらその先は・・・
出遅れるREIT指数
大江戸温泉+アパグループ
J-REITの好パフォーマンス銘柄
KDX不動産投資法人、始動!
米長期金利の5%乗せとJ-REIT
10月決算のREIT
REIT指数が1900p台に到達
中国の団体旅行解禁でホテル系REITが動意づく
日銀の「柔軟化」とJ-REIT
3社合併で巨大REITが誕生
6月決算のREIT
REIT指数が年初来高値を更新
REITの優待
【初心者向け】REITの買いタイミングの考え方
物流REITは売り出尽くし?
株安の中でJ-REITが存在感を示す
複数REITのスポンサー
REIT市場は日銀の新体制を歓迎
REITを見るには金利の方向性が重要に
J-REITは2月決算が多い
温泉以外も始めます
逆風下でのREITの投資戦略
日銀の政策修正でREITが急落
J-REIT入門【第13回】 ローカルREIT
J-REIT入門【第12回】 オンリーワンREIT
REITの合併で投資家が期待できるメリットは?
J-REIT入門【第11回】~不動産株かJ-REITか~
J-REIT入門【第10回】~J-REITで毎月分配~
J-REIT入門【第9回】~急落からの大幅上昇~
J-REIT入門【第8回】~米長期金利4%台の衝撃~
J-REIT入門【第7回】~総合型REITを攻略する~
J-REIT入門【第6回】~属性解説(住居編)~
J-REIT入門【第5回】~属性解説(ホテル・後編)~
J-REIT入門【第4回】~属性解説(ホテル・前編)~
J-REIT入門【第3回】~属性解説(物流編)~
J-REIT入門【第2回】~属性解説(オフィス編)~
J-REIT入門【第1回】~手軽に大家さん~

日本株情報部 アナリスト

小松 弘和

証券会社、外資系生命保険会社、大手出版社マネーサイトの株式分析アナリスト、FX会社勤務を経て2014年に入社。金融全般に精通。2級FP技能士。 「トレーダーズ・プレミアム」では、「個別株戦略」「Market Flash」などのコンテンツやニュース配信を担当。 メディア掲載&出演歴 日経CNBC「朝エクスプレス『証券中継』」(隔週金曜)、株主手帳「街の専門家『今月の相場見通し』」、週刊現代、日経マネー、ダイヤモンド・ザイ、ビジネスマンの人生逆転マガジン「Ambitious」、完全ガイドシリーズ「株 完全ガイド」

小松 弘和の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております