あの株はいまいくら?

第33回 サーモンの養殖、水産品の加工・販売の「オカムラ食品」 上場日の高値を12月に更新

「あの株はいまいくら?」では、話題になった銘柄の現状を確認します。今回はオカムラ食品工業(2938 以下、オカムラ食品)をみていきます。


サーモントラウトの養殖事業などを行っているオカムラ食品は、2023年9月27日に東証スタンダードに上場しました。同社は、青森県とデンマークで生食用のサーモントラウトの養殖を行うとともに、国内外で水産品の加工・販売を行っています。


初値については、水産会社としてバリュエーションの抑えられた値付けになっていたものの、今期(24.6期)の営業利益予想が19.5億円(前期比39%減)と減益見込みとなっていたことや、上場日がIPOへの資金流入が細りやすい9月決算の権利取り最終日であったことから、上値は重くなるとみられていました。

では、オカムラ食品の上場からの動きを見ていきます。



オカムラ食品の株価推移(上場から2023年12月19日まで)

同社の初値は2564円と公開価格1680円を大きく上回りました。寄り付き後も堅調に推移し、上場日の終値は3065円(ストップ高)となりました。


しかし、営業減益予想となっていることもあり、上場初日の株価上昇は行き過ぎという印象。実際に上場初日の高値3065円が12月に更新されるまで上場来高値となっていました。その後の株価は下落基調となり、10月24日には上場来安値となる2031円まで下落しました。2000円台をキープしたことで、ここから切り返しの動きになりますが、2000円台半ばでいったん頭打ちとなります。


業績については、11月14日に上場後初めての決算を発表。24.6期1Qの営業利益は11.6億円となりました。通期の会社計画19.5億円に対する進ちょくは59.7%と良好でしたが、業績予想の上方修正は行われませんでした。

通期予想据え置きが嫌気されたのか、決算発表を受けた反応は売りとなりました。ただ、前期(23.6期)1Qの営業利益は12.8億円でしたので、24.6期1Qの営業利益は前年同期比では9%程度の減益です。24.6期は前期比で大幅減益を見込んでいますが、1Qの着地を見る限り、そこまで大きな減益になるとは思えません。見方の分かれる決算だったといえます。


株価に変化が出たのは11月後半です。11月23日付の日本経済新聞朝刊は、同社が24.6期に海外売上高を120億円強と前期に比べ2割増やすと報じました。この報道が出たのが祝日でしたので、翌営業日となった24日に株価は大幅高となりました。


その後はいったん売りに押されますが、12月に入り流れが一変。上値を切り上げる展開になります。12月8日には上場初日に付けた上場来高値を更新。12月20日には3295円まで上昇しました。


12月の上昇については、これといった材料は見当たりません。11月30日に「オカムラ食品工業公式オンラインショップ」が新規オープンしたと発表していますが、さすがにこの発表にここまで株価を押し上げるインパクトがあるとは思えません。


24.6期1Qの結果や24.6期の海外売上高2割増目標の報道を受けて、見直し買いが入ったと考えるのが妥当でしょう。また12月に入り原油価格が下落したことも株価の追い風になったと考えらえます。


【オカムラ食品の日足チャート(上場から2023年12月19日まで)】



今後について

同社は円安や原油高によるコスト高の影響をもろに受けるタイミングでの上場となりました。また直接的な影響は受けていないようですが中国の水産物輸入停止というマイナス材料も発生しました。非常に悪いタイミングでの上場だったものの、今後は良くなるだけと考えることができます。


同社は、日本食のニーズが盛り上がる東南アジアを中心に生食用サーモンなど水産物の販売を伸ばすとしており、今後の海外展開による成長が期待されます。

また、現在は株主優待制度をありませんが、11月に「オカムラ食品工業公式オンラインショップ」が新規オープンしています。自社商品の認知度向上や集客目的にオンラインショップで利用できる割引券などの優待が導入される可能性もゼロではないでしょう。


24.6期は1Q時点での進ちょくは良好であり、業績の上方修正が期待されます。来年2月に発表されるであろう2Q決算の前に仕込んでおくのもよいと考えます。


この連載の一覧
第34回インフラ分野特化のAIベンチャー「グリッド」  初値天井も株価は逆襲局面
第33回 サーモンの養殖、水産品の加工・販売の「オカムラ食品」 上場日の高値を12月に更新
第32回 名刺管理サービスの「Sansan」 大きな流れの変化のタイミングは近い?
第31回 オーダーメード型AI開発の「ラボロAI」 24.9期は組織の土台づくり優先へ
第30回 航空機エンジン部品の製造・販売の「エアロエッジ」 キラリと光る下請け製造業
第29回 メタバースプラットフォーム運営の「monoAI」 とうとう公開価格割れ
第28回 月面開発事業の「ispace」 資金調達懸念も夢は大きい
第27回 キャッシュレス決済サービスの「TMN」 株価はついに公開価格割れ 底打ちはまだ?
第26回 単結晶ダイヤモンドの「EDP」 1Q赤字転落も状況は改善
第25回 AI技術活用したサービス開発の「HEROZ」 株価10分の1からの逆襲局面
第24回「不眠治療用アプリのサスメド 不眠大国ニッポンの救世主?」
第23回「ビジネスコーチ リスキリングが追い風」
第22回「CtoCメディアプラットフォーム運営のnote 黒字化はまだまだ先?」
第21回「クラウド型ソフト“ヤプリ”を提供するヤプリ 初の四半期黒字化達成でトレンド転換か」
第20回「月額制ファッションレンタルサービスのエアークローゼット リオープン関連株の出遅れ?」
第19回「音楽著作権管理のネクストーン 過度な期待のはく落はチャンス?」
第18回「マイクロ波技術ベンチャーのマイクロ波化学 夢の技術も業績が」
第17回「ライブ配信プラットフォーム「ツイキャス」の運営のモイ 急騰でトレンド転換?」
第16回「完全栄養食の開発・販売のベースフード 利益率改善で黒字化なるか」
第15回「航空会社国内3位のスカイマーク 経済再開で需要回復だが懸念も」
第14回「クラウドインテグレーター大手の日本ビジネスシステムズ ChatGPTで再注目?」
第13回「ヘルスケア機器の開発・販売のPHCHD V字回復見通しだが・・・」
第12回「農工大発の創薬型バイオベンチャーのティムス 臨床試験開始再評価の発表で株価急落」
第11回「アルゴリズム開発のパークシャテクノロジー 来期は大幅増益なるか」
第10回「ヘアカット専門店「QBハウス」のQBネットHD」
第9回「にじさんじ運営のエニーカラー ホロライブのカバー上場で需給はさらに悪化?」
第8回「ロボアドのウェルスナビ 預かり資産の増加ペース鈍化?」
第7回「高級家電のバルミューダ 上場来安値更新も?」
【あの株はいまいくら?】第6回「SIXPADのMTG インバウンド消滅響くも反撃に期待」
【あの株はいまいくら?】第5回「クラファンのマクアケ 2年続く下落トレンド 底入れ間近?」
【あの株はいまいくら?】第4回「ユーチューバー事務所のUUUM 株価10分の1からの再出発?」
【あの株はいまいくら?】第3回「ペッパーフードサービス 直近株価は急落 復活はあるか?」
【あの株はいまいくら?】第2回「フリマアプリのメルカリ 株価は底値圏のようだが・・・」
【あの株はいまいくら?】第1回「パズドラのガンホー」

日本株情報部長

河賀 宏明

証券会社、事業会社におけるIR担当・経営情報担当、FPや証券アナリスト講師などを経て2016年に入社。 金融全般に精通。証券アナリスト資格保有。 「トレーダーズ・ウェブ」向けなどに、個別株を中心としたニュース配信を担当。 メディア掲載&出演歴 株主手帳、日経CNBC「朝エクスプレス」、日経マネー

河賀 宏明の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております