あの株はいまいくら?

第38回 勤怠管理システムの「ヒューマンテクノロジーズ」 株価は上場来安値圏で公開価格も下回るが

「あの株はいまいくら?」では、話題になった銘柄の現状を確認します。今回はヒューマンテクノロジーズ(5621)をみていきます。


クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」の開発・販売を行う同社は、2023年12月22日に東証グロースに上場しました。同社は、自社の勤怠管理SaaS市場におけるポジショニングについて、「業界のパイオニアであり、カスタマイズ性が求められる同分野において、機能要件を満たしているだけではなく、コストリーダーシップを発揮できるプレイヤーである」と考えています。


クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」は、一人月額300円で利用することができます。50人の利用であれば50人×300円=1万5000円(税込み1万6500円)が基本となります。初期費用もレコーダーの購入などがなければ無料、プレミアムサポートを申し込めば別途費用が必要になりますが、無料サポートであれば費用は掛かりません。このような低価格を武器に、同社は順調に顧客を積み上げています。


IPOについては、公開規模が46億円程度と荷もたれ感のある水準であったこと、また公開価格が仮条件上限を20%上回る価格決定可能範囲上限で決まったことから、やや弱いスタートが見込まれていました。ではヒューマンテクノロジーズ(以下、ヒューマンT)の初値からの動きを確認していきます。



ヒューマンTの株価推移(上場から2024年4月17日まで)

同社の初値は1194円と公開価格1224円を下回りました。仮条件は940円~1020円でしたが、公開価格は上限を20%上回る1224円で決定していました。仮条件上限を上回る値付けだったことで割安感がなくなったことから、投資家の初値買い意欲が低下したとみられます。


初値こそ公開価格を下回りましたが、その後の株価は堅調に推移します。上場初日の終値は1240円と小幅ながら公開価格を上回りました。その後は1300円前後での株価推移が続くことになります。


横ばいで推移していた株価に変化が訪れたのは2024年2月。要因は2月14日発表した3Qの業績発表です。連結営業利益は3億9800万円で着地。通期予想5億0100万円に対する進ちょくは79.4%となりました。

これを受けて翌営業日の株価は大幅高。その後も上昇は続き、2月21日に上場来高値1722円をつけました。


しかし、勢いは続かず、その後は売りに押される展開。3月に入り一段安となり、決算発表前の水準である1300円前後まで押し戻されました。その後も株価下落は止まらず、4月17日には1092円まで下落、上場2日目につけた1141円を下回り、上場来安値を更新しました。


ここで、ヒューマンTの日足チャートと東証グロース250指数の日足チャートを比べてみたいと思います。2月に同社株が大きく上昇したタイミングに東証グロース250指数も大きく上昇していることがわかります。2月の上昇は個別要因だけではなく新興市場全体の上昇も影響したようです。

3月後半からの同社株の下落については、同時期に東証グロース250指数も大きく下落していることから、その影響を受けたと考えられます。


【ヒューマンTの日足チャート(上場から2024年4月17日まで)】



【東証グロース250指数の日足チャート(上場から2024年4月17日まで)】



今後について

同社は、課金方法の変更(打刻ベース→登録ベース)を段階的に進めており、同社想定では、課金ID数は現状の契約数をベースに約2割程度増加するとみています。新規顧客の獲得に加え、この課金方法の変更が今後の収益の拡大に貢献することが期待されます。


また、「KING OF TIME」の一人月額300円には値上げ余地はあると考えます。最近では様々なものの値段が上昇し、さらに賃上げ機運も高まっていますので、値上げしても、解約率が大幅に上昇する可能性は低いと考えます。


足もとの株価下落は個別要因ではなく、全体相場の下落が要因であると考えられます。業績の進ちょくは順調であり、24.3期の上振れ着地が期待できます。また、上記の課金方法の変更もあり、25.3期以降の収益拡大が期待できます。

このような状況ですので、5月15日に予定している本決算発表前後に動意づく可能性がありそうです。公開価格を下回る株価水準には投資妙味があると考えますので、チャンスを狙ってみても面白いと思います。


この連載の一覧
第39回 軽量化金属部品の製造加工の「STG」 地味な業態だがきらりと光る会社
第38回 勤怠管理システムの「ヒューマンテクノロジーズ」 株価は上場来安値圏で公開価格も下回るが
第37回 ポケットマルシェ運営の「雨風太陽」 赤字縮小も株価は下落傾向
第36回 自転車専門店の「ダイワサイクル」 決算受け株価は水準訂正 営業利益10億円も近い?
第35回 AI関連として注目集まる「ABEJA」 足もと株価は上場来高値の半値水準
第34回インフラ分野特化のAIベンチャー「グリッド」  初値天井も株価は逆襲局面
第33回 サーモンの養殖、水産品の加工・販売の「オカムラ食品」 上場日の高値を12月に更新
第32回 名刺管理サービスの「Sansan」 大きな流れの変化のタイミングは近い?
第31回 オーダーメード型AI開発の「ラボロAI」 24.9期は組織の土台づくり優先へ
第30回 航空機エンジン部品の製造・販売の「エアロエッジ」 キラリと光る下請け製造業
第29回 メタバースプラットフォーム運営の「monoAI」 とうとう公開価格割れ
第28回 月面開発事業の「ispace」 資金調達懸念も夢は大きい
第27回 キャッシュレス決済サービスの「TMN」 株価はついに公開価格割れ 底打ちはまだ?
第26回 単結晶ダイヤモンドの「EDP」 1Q赤字転落も状況は改善
第25回 AI技術活用したサービス開発の「HEROZ」 株価10分の1からの逆襲局面
第24回「不眠治療用アプリのサスメド 不眠大国ニッポンの救世主?」
第23回「ビジネスコーチ リスキリングが追い風」
第22回「CtoCメディアプラットフォーム運営のnote 黒字化はまだまだ先?」
第21回「クラウド型ソフト“ヤプリ”を提供するヤプリ 初の四半期黒字化達成でトレンド転換か」
第20回「月額制ファッションレンタルサービスのエアークローゼット リオープン関連株の出遅れ?」
第19回「音楽著作権管理のネクストーン 過度な期待のはく落はチャンス?」
第18回「マイクロ波技術ベンチャーのマイクロ波化学 夢の技術も業績が」
第17回「ライブ配信プラットフォーム「ツイキャス」の運営のモイ 急騰でトレンド転換?」
第16回「完全栄養食の開発・販売のベースフード 利益率改善で黒字化なるか」
第15回「航空会社国内3位のスカイマーク 経済再開で需要回復だが懸念も」
第14回「クラウドインテグレーター大手の日本ビジネスシステムズ ChatGPTで再注目?」
第13回「ヘルスケア機器の開発・販売のPHCHD V字回復見通しだが・・・」
第12回「農工大発の創薬型バイオベンチャーのティムス 臨床試験開始再評価の発表で株価急落」
第11回「アルゴリズム開発のパークシャテクノロジー 来期は大幅増益なるか」
第10回「ヘアカット専門店「QBハウス」のQBネットHD」
第9回「にじさんじ運営のエニーカラー ホロライブのカバー上場で需給はさらに悪化?」
第8回「ロボアドのウェルスナビ 預かり資産の増加ペース鈍化?」
第7回「高級家電のバルミューダ 上場来安値更新も?」
【あの株はいまいくら?】第6回「SIXPADのMTG インバウンド消滅響くも反撃に期待」
【あの株はいまいくら?】第5回「クラファンのマクアケ 2年続く下落トレンド 底入れ間近?」
【あの株はいまいくら?】第4回「ユーチューバー事務所のUUUM 株価10分の1からの再出発?」
【あの株はいまいくら?】第3回「ペッパーフードサービス 直近株価は急落 復活はあるか?」
【あの株はいまいくら?】第2回「フリマアプリのメルカリ 株価は底値圏のようだが・・・」
【あの株はいまいくら?】第1回「パズドラのガンホー」

日本株情報部長

河賀 宏明

証券会社、事業会社におけるIR担当・経営情報担当、FPや証券アナリスト講師などを経て2016年に入社。 金融全般に精通。証券アナリスト資格保有。 「トレーダーズ・ウェブ」向けなどに、個別株を中心としたニュース配信を担当。 メディア掲載&出演歴 株主手帳、日経CNBC「朝エクスプレス」、日経マネー

河賀 宏明の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております