解説!つみたてNISAとiDeCo

新NISA、オルカン一択は止めた方が良い?ポートフォリオの理想と現実とは

2023年から開始した新NISAの影響で「オルカン(eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー))」への資金流入が増えています。


中には「オルカン一択」とSNSに投稿する投資家も存在しますが、オルカンのみで資産運用は大丈夫なのでしょうか?


オルカンの運用は全世界の株式に投資できる効率的な資産形成ではありますが、「株式のみ」に投資することになりますのでリスクの分散ができていない状態といえます。


今回は「オルカン一択」のメリット・デメリット、理想のポートフォリオと筆者の実際のポートフォリオをお伝えしていきます。


世界株に分散投資できるオルカンだが・・・

「オルカン」とは三菱UFJアセットマネジメント株式会社が運用する「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」を意味します。

新NISAがスタートし、オルカンをNISA枠で購入する投資家が増え2024年1月9日には1013億円の資金が流入したという報道もあります。


オルカンは「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み・円換算ベース)」という指標と連動する成果を目指したインデックスファンドです。

MSCIとは、「モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社」の英語の頭文字をとったもので、同社が算出・公表する株価指数の1つです。

アメリカを始め、日本、イギリス、フランスなど先進国を中心に世界の株式を運用します。


SNSやブログでは「オルカン一択」という投資家も存在しますが、世界に分散していても全て「株式」に投資することになります。

今後世界的な株価が上昇すると、オルカン運用により高リターンを得ることができますが株価が下落すると資産は減ってしまうでしょう。


投資では、株式と債券といった異なる値動きをする金融商品に資産を分散することでリスクを軽減できるといわれています。



資産はどのくらい分散すべき?理想のポートフォリオとは

金融商品は株式・債券を始め、不動産・コモディティ・プライベートエクイティ(非公開株式)など多岐にわたります。


資産はどのくらい分散すべきなのでしょうか?

日本最大の機関投資家といわれる年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、公的年金を運用する期間です。


国内の株式・債券、海外の株式・債券をそれぞれ25%ずつ保有・運用しています。


2023年度第3四半期末現在で年間の収益率は3.99%、累積収益額は132兆4,113億円に上ります。

運用結果を見ると、GPIFのポートフォリオは理想的といえるでしょう。

しかし、運用資産額は224兆7,025億円ですので個人投資家とは桁違いです。


運用資産は数百万円、庶民のポートフォリオの「現実」とは

筆者は2020年から資産運用を行っています。保有資産はおそらく「中流」の部類に入る一般庶民です。

2020年に「これくらい預金があればおそらく大丈夫だろう」という金額が貯まり、iDeCoと旧NISAのつみたてNISAを開始しました。

個人事業主ですので、いざという時のお金と預貯金が多めで、小規模企業共済に加入しています。


全体の金額と投資に回すお金は多いとはいえませんので、庶民のモデルケースとして資産分配の割合とポートフォリオを公開します。(額は公開できないので、割合を示しています)


資産の分配の割合は以下の通りです。


 

筆者作成


預貯金と個人向け国債は「元本確保」として分類し、半分を占めています。

投資額は(短期・中期・長期すべて)全体の10分の1程度ですが、2024年3月現在株価が高いため購入できていない資産が、全体の10分の1存在します。

投資した金額を含めると、全体の5分の1です。


投資への割合が低く感じますが、iDeCoでも資産運用を行っています。


個人向け国債を除く、投資部分のポートフォリオは以下の通りです。


 

筆者作成


「オルカン一択」ではありませんが、オルカンが40%を占めています。

個人的な考えですが投資に回すお金が1,000万円に満たない場合、厳密に分散させる必要は無いと思いざっくりと分けています。

毎日の仕事で、投資にかける労力と時間がないという現状もあります。


外国債券は株式と比べると低リスク・低リターンですがさまざまな種類があり、投資にかける労力と天秤にかけると見合わないと感じ、バランスファンド経由で保有中です。

REITもバランスファンドを通じて保有しています。


GPIFの資料によると、東証REIT指数(配当込み)はTOPIX指数(配当込み)より、長期で月次累積リターンが多いです。


同資料では、月次リターンのボラティリティー(価格変動の度合い)TOPIXより高く35%を超える時期もありました。

ボラティリティーの高さを見て、運用することが難しいと感じREITは直接保有していません。


ただし、あくまで上記は筆者の考えで投資用資金が1,000万円未満でも外国債券やREITを運用している知人もいます。



筆者の私見ですが、オルカンは効率の良い資産運用が期待できます。しかし、リーマン・ショックやコロナショックのように世界的に株価が暴落した際には元本割れになってしまう恐れがあります。


その時期が年金を受給する時期に該当すると、iDeCoにも影響を及ぼしますのでリスクが高いと感じます。よってバランスファンドにも分け、生活防衛資金を多めに準備しています。

iDeCoも一部オルカンを運用していますが、受給時に株価が暴落したら預貯金を取り崩すまたは小規模企業共済を受け取り、株価が回復するのを待つ予定です。


「オルカン中心のポートフォリオで効率的な資産形成をしたい」という方は、投資のポートフォリオだけではなく資産全体の構成についても考えてみてはいかがでしょうか。

この連載の一覧
株価下落で「新NISAで損切り」が話題に!2024年の積立投資のリターンとは
新NISA、オルカン一択は止めた方が良い?ポートフォリオの理想と現実とは
「貯蓄から投資へ」が進まない理由とは?金融教育の義務化で今後は状況が変化する?
新NISAは何歳からできる?年齢制限はある?50代60代こそ始めるべき理由を解説
新NISAの口座変更手続きとは?体験談とともに解説
証券会社が潰れたら株やお金はどうなる? 新NISAの注意点とあわせて解説
人気のつみたてNISAファンド「iFree S&P500インデックス」と「iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)」を初心者向けに解説します
つみたてNISA【たわらノーロード】シリーズ解析!「全世界株式」と「先進国株式」を比較してみた
資産を育てるチャンス!新しいNISAで高配当株投資は本当にもったいない?
少額投資は意味がないって本当?3つのメリットとシミュレーション結果を徹底解説!
2023年に廃止されるジュニアNISAを賢く運用するコツは?注意点もあわせて解説
【2024年新しいNISA開始】2023年にNISAは始めるべき?メリット・デメリットを解説
資金流入額の多い投資信託は運用効率が良い!
インベスコ世界厳選株式オープンへの資金流入が目立つ
改めて開設手続きは必要?亡くなったらどうなる?新NISAのよくある質問にFPが回答!
「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」はどちらを選ぶべき?2つの銘柄を比較してみた
「eMAXIS Slim全世界株式」へのさらなる資金流入に期待!
初心者におすすめ「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」と「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」について解説します!
新NISA、成長投資枠のファンド約1,000本が公表に!あの人気ファンドはどうなる?
企業型DCやiDeCoは転職後も持ち運びが可能!
2023年にNISAで投資する場合の注意点
【初心者向け】2024年以降の新NISAの特徴は? 現行NISAと併用は可能なの?違いについてカンタン解説!
NISAは60歳からでも出来る!一般とつみたての違いを知って老後資金を運用しよう
新NISAとiDeCo、どちらを選ぶべき?それぞれのメリット・デメリットと選び方
1億総NISA時代にIFAが価値提供できるものは何か
2024年からNISA新制度で投資を始めようという方々に伝えたい複雑化するカントリーリスク
つみたてNISAに確定申告は必要?損失が出た場合の控除など詳しく解説
【確定申告】株の特定口座(源泉徴収あり)とは?取引口座別の確定申告方法とメリットについて
急落後に戻りが期待できる投資信託で運用しよう
本当に一時金形式で受け取った方が良いの?
退職所得控除の利用方法に注意すべき!
素敵な老後を過ごすために積立投資を始めましょう
つみたてNISAは一括購入できる?年間非課税枠を使い切る方法を詳しく解説
2024年から新NISAへ。生涯の投資プランを設計しよう
来年はインデックスファンドで積立投資をしよう
【つみたてNISA】初心者の買い方~SBI証券とゆうちょ銀行を例にはじめ方をご紹介~
残り約1年のジュニアNISAに注目集まる
【つみたてNISA】専業主婦にもおすすめの理由とは?一般NISAとの違いも解説
一般NISAとつみたてNISAを比べてみる ~金融庁「NISAの利用状況」から~
マッチング拠出とiDeCoの併用は不可!
給与受け取りか、企業型DCで運用するか!
企業型DCとiDeCoの併用が可能に!
NISAのロールオーバー(下)
つみたてNISAが利用できない?純金積立での投資をおすすめしない人の特徴5選
将来の資産形成のために積立投資をしよう!
NISAのロールオーバー(上)
換金自由度、それとも税制メリットを優先しますか!?
iDeCoの死亡一時金は受取人指定が可能
一時金、それとも年金受け取りが良い?
iDeCoの運用は投資信託を中心に!
NISAの恒久化は老後資金の獲得方法になるか
DC法改正を活かし受取資産を増やそう
iDeCoの掛金は毎月拠出が良い?それとも年払い?
値下がりはチャンス!ドルコスト平均法
積立投資の開始はお早めに!
積立投資では上昇局面で利益が膨らみやすい
3人に1人が積み立てなし? つみたてNISAの事実
積立投資での投資信託の単価下落は怖くない
iDeCoの金融機関選びはコスト面を重視しよう
「つみたてNISA」の9割に迫る、投資デビュー
iDeCoは引き出し制限に注意も節税メリットは魅力
つみたてNISAやiDeCoはどんな人が加入できるの?

ファイナンシャル・プランナー/ライター

田中 あさみ

大学在学中に2級FP技能士の資格を取得。会社員を経て独立し、金融・投資・相続・法律などの記事を執筆している。 自身でも米国株やETF・投資信託等を運用中。

田中 あさみの別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております