日々是売買~トレードへの道

第32回「ドル円、嵐の前の静けさか? 今週の値幅は1円未満」

当コラムでは「IG証券」のデモ口座で株価指数・FX・コモディティなどをトレードし、売買のタイミングや結果などを公開。証拠金は各100万円スタート。「IG証券」は「FX口座」「株価指数口座」「商品口座」「個別株口座」「債券先物口座」「その他口座」と多様な資産クラスがワンストップで提供されています。

 

 

 

ドル円、今週の値幅は1円未満

 

今週のドル円は27日の東京市場で一時151.97円と1990年7月以来約34年ぶりの高値を付け、政府・日銀による為替介入への警戒感がさらに高まったにもかかわらず、動き自体は非常に緩慢。前週末のNYの終値が151.41円、そして29日8時時点が151.42円ですから、ほぼ横ばいの動きということになります。


ドル円の15分足チャート 

*Trading Viewより

 

27日の午前に伝わった田村直樹日銀審議委員の発言が「ハト派的」と受け止められたことをきっかけに、東京市場では円安・ドル高が進行。11時40分を過ぎたあたりで151.97円を付けました。ただ、12時過ぎには鈴木財務相が「(円相場について)高い緊張感をもって見ている」「行き過ぎた動きにあらゆる手段を排除せず断固たる措置」と発言したことで上昇はストップ。

 

15時30分頃には神田財務官「3者会合を開く予定ない」「為替について声明を出す予定ない」と話していましたが、夕方になって「財務省・金融庁・日銀は18時15分から会合を開く」と伝わると、政府・日銀による為替介入への警戒感が高まり一転下落しています。

 

なお、神田財務官はそのあとに「過度な為替変動に対してあらゆる手段を排除せずに適切な対応をとる」「(介入の可能性について)文字通りあらゆる手段を排除しない」と述べています。これらを受けてすでに欧州時間に入っている20時30分過ぎには151.03円まで値を下げています。

もっとも、値幅にすると94銭程度と1円未満の小さな動き。まるで「介入」前=嵐の前の静けさです。

 

 

 

ドル円のロングをついに利食い

 

先月1日に建てたドル円(標準)のロング@146.33円ロット「1」は今日29日までキープしていましたが、ついに「151.426円」で利益確定しました。実現損益は「プラス5万960円」

 

*IG証券より

 

ノックアウトオプションが観測されている152.00円などがレジスタンスとして意識されているようですが、個人的にはまだまだ上値をトライすると思っています。ただ、仮に152円を突破して、例えば2円、3円上げたとしても、その後「円買い介入」で5円も6円も下げてしまえば、今よりも利益は減ってしまいます

 

 

 

2022年10月21日のNY時間

 

思い出されるのは2022年10月21日のニューヨーク時間。21時30分過ぎに一時151.95円と当時32年ぶりの高値を更新したあとは一転売りが優勢に。米利上げ減速観測が高まったことで米金利が急低下しドル売りを誘った面もありましたが、23時30分頃からは「円買い」が活発化。その時点では「介入観測」でしたが(日経新聞は関係者の話として「政府・日銀は為替介入に踏み切った」と報じています)、一時146.23円まで5円72銭の急落となりました。

 

*Trading Viewより


なお、このとき市場関係者からは「WSJの記事で米利上げ減速観測が高まったのを見計らったかのような絶妙のタイミング」「週末のNY時間に介入はないだろうと予想していた投資家は多かった」との声が聞かれています。奇しくも本日は年度末にして週末。さらには海外の主要市場がイースター休暇入り。米国も株式・債券・商品市場が休場となるなど、実質休場となっています。

 

いったん、「利益確定」して様子を見たいと思うのも必然でしょう。市場では「152円を抜けて上昇のスピードが速くなった場合は、為替介入の可能性が高まってくる。そこからは介入とマーケットの神経戦に入ってくる」との声が聞かれています。

 

ただ、ある市場関係者からは「神田財務官は介入を実施するからには『市場に勝つ介入』を念頭に置いているように見える」「勝つためには投機筋にサプライズを与え、恐怖感を刷り込む必要がある」「となると、前回の高値といったわかりやすい水準ではなく、154~155円台くらいまで引き付けてから、突如実施する可能性はあるかもしれない」との見立てが聞かれています。

 

 

 

【免責事項・注意事項】

 

本コラムは個人的見解であり、あくまで情報提供を目的としたものです。いかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。また、コラム中のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

 

この連載の一覧
第38回「投機筋の円売りポジションが急減 介入受け」
第37回「政府・日銀、投機筋との攻防は長期化の可能性」
第35回「個人投資家の円買いvs投機筋の円売り」
第34回「介入期待もあってユーロ円のショートは維持」
第33回「久々のリスク・オフのムード 株安・原油急騰・円高」
第32回「ドル円、嵐の前の静けさか? 今週の値幅は1円未満」
第31回「中銀ウィークを無事通過!? ドル高・円安を期待」
第30回「ドル円ロングは維持、ストップは付かずに切り返す」
第29回「ドル円、上値重く 日銀の政策修正観測高まる」
第28回「【祝】日経平均株価、史上最高値 ドル円もそろそろ」
第27回「日経平均株価、史上最高値まであと少し」
第26回「ドル円、上値試すか 昨年11月の151円台も視野」
第25回「注目のFOMCタカ派寄りもドルは下落」
第24回「ドルと円、それぞれの買い要因が綱引き」
第23回「ドル円ショートは損切り 円安とドル高のダブルパンチで」
第22回「ドル円、1カ月ぶり146円台 追加でショート」
第21回「ドル円、年始の悪夢 1月3日のフラッシュクラッシュ」
第20回「ドル円、売りシグナル点灯 さらなる下落に期待」
第19回「ドル円、140円割れが視野に」
第18回「米債ロングは利食い FRB議長発言を前にポジションはなし」
第17回「米長期金利、2カ月ぶり低水準 上昇リスクにはなお注意」
第16回「米国債のロングポジション、含み益が拡大」
第15回「米国債のロングポジション、含み損から含み益に」
第14回「米10年債利回り、16年ぶりに『5%』を突破」
第13回「米国債、下落止まらず 利回りは2007年7月以来の高水準」
第12回「初めての米国債(CFD)買い、そろそろ底打ちかと思ったら・・・」
第11回「下手な難平(なんぴん)、素寒貧(すかんぴん)」
第10回「日経ロングはキープもリスク高い週末 米政府機関の閉鎖はほぼ確実に」
第9回「日経225ロング、含みゾーン(損)に突入!」
第8回「日経平均、レジスタンス突破でいよいよ3万4000円台乗せか!?」
第7回「日経平均、9連騰ならず テクニカル的には・・・」
第6回「日経平均をロング トレンドは友達(Trend is your friend)」
第5回「重要イベント通過もポジション取れず・・・相場は乱高下」
第4回「朝起きたらポジションが全てなくなっているという悲しみ」
第3回「ドル円、ストップロス水準に接近 祝日のため円安けん制発言も期待できず」
第2回「前週のドル円ショートはあえなくストップ 懲りずに再in」
第1回「ドル円、乱高下のあと何故か全戻し 戻りは叩く」

為替情報部 アナリスト

中村 知博

鹿児島出身。2007年国際金融情報サービス会社に入社。 外国為替取引会社・金融機関への24時間リアルタイム金融情報サービスの為替記者として従事。市場動向や見通しなどを解説する動画サービスの業務も経験。 2017年にDZHフィナンシャルリサーチに入社。

中村 知博の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております