日々是売買~トレードへの道

第12回「初めての米国債(CFD)買い、そろそろ底打ちかと思ったら・・・」

当コラムでは「IG証券」のデモ口座で株価指数・FX・コモディティなどをトレードし、売買のタイミングや結果などを公開。証拠金は各100万円スタート。「IG証券」は「FX口座」「株価指数口座」「商品口座」「個別株口座」「債券先物口座」「その他口座」と多様な資産クラスがワンストップで提供されています。

 

 

 

米長期金利は低下、FRB高官のハト派(dovish)発言相次ぐ

 

このところ米連邦準備理事会(FRB)高官が相次いで追加利上げに慎重な姿勢を示していることから、米金融引き締めが長く続くとの警戒感が和らいでいます。米長期金利の指標である米10年債利回りは先週、9月米雇用統計の結果を受けて一時4.88%台まで上昇しましたが、その後、ジェファーソンFRB副議長らが国債利回りの上昇を通じた金融環境の引き締まりについて言及し、追加利上げの必要性の低下を示唆。昨日12日には4.53%台まで低下する場面もみられました。

 

*Trading Viewより 

 

最近のFRB高官の「ハト派的な発言」は以下の通り。

 

★デイリー米サンフランシスコ連銀総裁

「労働市場が冷え込み、インフレ率が目標に戻りつつあることが続けば、金利を安定的に維持し、政策の効果を持続させることができる」「このところの国債利回りの上昇はFRBに代わりある程度の仕事をしているため、われわれが一段の行動をとる必要性は薄れている」

 

★ボスティック米アトランタ連銀総裁

「政策は十分に制約的であり、これまでのFRBによる利上げの多くの影響はこれから明らかになる」「これ以上の利上げは必要ないと考える」

 

★ジェファーソンFRB副議長

「追加的な金融引き締めが必要な程度を慎重に評価する段階にきている」「この先、債券利回り上昇を通じた金融環境の引き締まりを引き続き認識し、将来の政策軌道を判断するに際してそのことに留意する」

 

★ローガン米ダラス連銀総裁

「米長期債利回りの急上昇は金融当局による追加利上げの必要性を減らす可能性がある」

 

★ウォラーFRB理事

「金融市場がタイト化する中、FRBは金利に関してある種、状況を見極める立場にある」

 

★コリンズ米ボストン連銀総裁

「長期利回りの上昇は、金融環境の幾分の引き締まりを示唆する」「利回りの上昇が続けば、短期的には金融政策をさらに引き締める必要性は低下する可能性が高い」

 

 

米ウォールストリート・ジャーナルのFEDウォッチャー、ニック・ティミラオス記者も「債券利回りの上昇はFRBの利上げ休止期間を延長する可能性が高い」「FRB高官は、長期金利の上昇が中銀の追加利上げに代わる可能性を示唆している」と指摘してます。

 

 

 

初めての米国債(CFD)買い、そろそろ底打ちかと思ったら・・・

 

このようにFRB高官のハト派(dovish)発言が相次いだことから、週半ばまでは米長期金利が低下=債券価格は上昇を維持していました。「米国債相場はいよいよ反発か!?」と考え、週明け早々に米国10年国債先物($10)=CFDをロング。ロットは「1」、約定レートは「10741.8」。債券先物CFDの取引は初めてですが、チャート的にはいったん底打ちのようにも見えてます。特に昨日の9月米消費者物価指数(CPI)の発表までは・・・。

 

*IG証券より

 

それまでは含み益を見ることが出来ていましたが、米CPI後の金利急騰=価格急落で含み損に転じています。13日朝の時点で「未実現損益」は「▲133ドル(19900円程度)」となっています。

 

さて、その米CPIですが、結果は前年同月比で3.7%上昇と予想の3.6%上昇を上回る結果に。エネルギーと食品を除くコア指数は前年同月比4.1%上昇と市場予想と一致。市場では「根強いインフレを示す内容だった」と受け止められたようです。また、NY午後に実施された米30年債入札が「不調」だったことも債券相場にマイナスとなりました。今週は3年債と10年債の入札もありましたが、総じて「低調」な結果となっています。

 

 

 

PIMCOは語る「魅力的な債券リターンの時代へ」

 

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は11日のレポートで、「急上昇した利回りとリセッション(景気後退)リスクという組み合わせにより、投資家は『極めて魅力的な』債券リターンの時代を迎えるとみている」と指摘しています。ヘッジファンドは現在、米国債を過去最大のショートポジションにしているとのデータがある中、PIMCOは「強気のスタンス」をとっています。

 

PIMCOは「今後数四半期に米英欧などの主要中央銀行が利上げサイクルの終わりに近づき、利下げをちらつかせるだろう」と予想。「米国や豪州、カナダ、ユーロ圏、英国の債券市場から魅力的なリターンが生まれる可能性がある」としています。

 

 

 

【免責事項・注意事項】

 

本コラムは個人的見解であり、あくまで情報提供を目的としたものです。いかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。また、コラム中のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

この連載の一覧
第34回「介入期待もあってユーロ円のショートは維持」
第33回「久々のリスク・オフのムード 株安・原油急騰・円高」
第32回「ドル円、嵐の前の静けさか? 今週の値幅は1円未満」
第31回「中銀ウィークを無事通過!? ドル高・円安を期待」
第30回「ドル円ロングは維持、ストップは付かずに切り返す」
第29回「ドル円、上値重く 日銀の政策修正観測高まる」
第28回「【祝】日経平均株価、史上最高値 ドル円もそろそろ」
第27回「日経平均株価、史上最高値まであと少し」
第26回「ドル円、上値試すか 昨年11月の151円台も視野」
第25回「注目のFOMCタカ派寄りもドルは下落」
第24回「ドルと円、それぞれの買い要因が綱引き」
第23回「ドル円ショートは損切り 円安とドル高のダブルパンチで」
第22回「ドル円、1カ月ぶり146円台 追加でショート」
第21回「ドル円、年始の悪夢 1月3日のフラッシュクラッシュ」
第20回「ドル円、売りシグナル点灯 さらなる下落に期待」
第19回「ドル円、140円割れが視野に」
第18回「米債ロングは利食い FRB議長発言を前にポジションはなし」
第17回「米長期金利、2カ月ぶり低水準 上昇リスクにはなお注意」
第16回「米国債のロングポジション、含み益が拡大」
第15回「米国債のロングポジション、含み損から含み益に」
第14回「米10年債利回り、16年ぶりに『5%』を突破」
第13回「米国債、下落止まらず 利回りは2007年7月以来の高水準」
第12回「初めての米国債(CFD)買い、そろそろ底打ちかと思ったら・・・」
第11回「下手な難平(なんぴん)、素寒貧(すかんぴん)」
第10回「日経ロングはキープもリスク高い週末 米政府機関の閉鎖はほぼ確実に」
第9回「日経225ロング、含みゾーン(損)に突入!」
第8回「日経平均、レジスタンス突破でいよいよ3万4000円台乗せか!?」
第7回「日経平均、9連騰ならず テクニカル的には・・・」
第6回「日経平均をロング トレンドは友達(Trend is your friend)」
第5回「重要イベント通過もポジション取れず・・・相場は乱高下」
第4回「朝起きたらポジションが全てなくなっているという悲しみ」
第3回「ドル円、ストップロス水準に接近 祝日のため円安けん制発言も期待できず」
第2回「前週のドル円ショートはあえなくストップ 懲りずに再in」
第1回「ドル円、乱高下のあと何故か全戻し 戻りは叩く」

為替情報部 アナリスト

中村 知博

鹿児島出身。2007年国際金融情報サービス会社に入社。 外国為替取引会社・金融機関への24時間リアルタイム金融情報サービスの為替記者として従事。市場動向や見通しなどを解説する動画サービスの業務も経験。 2017年にDZHフィナンシャルリサーチに入社。

中村 知博の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております