日々是売買~トレードへの道

第15回「米国債のロングポジション、含み損から含み益に」

当コラムでは「IG証券」のデモ口座で株価指数・FX・コモディティなどをトレードし、売買のタイミングや結果などを公開。証拠金は各100万円スタート。「IG証券」は「FX口座」「株価指数口座」「商品口座」「個別株口座」「債券先物口座」「その他口座」と多様な資産クラスがワンストップで提供されています。

 

 

 

米国債のロングポジション、含み損から含み益に

 

先月9日、米国10年国債先物($10)=CFDをロングしました。ロットは「1」、約定レートは「10741.8」。先週末時点で「未実現損益」は「▲1118ドル(▲16万8000円程度)」とかなりの含み損になっていました。前々週の「▲1977ドル(▲29万6000円程度)」からは含み損が縮小していたとはいえ、なかなかつらい日々を過ごしていました・・・

 

しかし、ついに今週、含み益ゾーンに回帰しました。本日3日朝の時点で「未実現損益」は「85ドル(1万2000円程度)」となりました。

 

*IG証券より


 

 

今週の材料は軒並み金利低下を誘う

 

今週は重要なイベントが相次ぎましたが、軒並み債券買い=金利低下を誘う要因となりました。まずは何と言っても超重要イベントである米連邦公開市場委員会(FOMC)


*Trading Viewより

 

FOMCは1日、市場予想通りFFレート誘導目標を5.25-5.50%に据え置くことを決めたと発表。声明では「委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」との姿勢を維持しました。また、パウエルFRB議長は会見で「政策スタンスは制限的、引き締めの完全な影響はまだ感じられない」「これまでの進展を考慮し、FOMCは慎重に進んでいる」「FOMCは次回会合の行動についてまだ決定していない」「(利上げ)サイクルの終わりに近づいている」などと発言しています。

 

市場では「FOMC声明とパウエル議長のいずれも総じてハト派的な印象だ。前回会合以降の景気上振れサプライズをタカ派的に解釈することも可能だった点を考慮すれば、FOMCが長期間の金利休止に傾いていることがうかがわれる」「2回連続で利上げを見送ったということは12月も金利据え置きの可能性があることを示唆。そうなればFRBの利上げサイクルが終了したことを意味する」との声が聞かれています。FF金利先物市場ではFRBは利上げを終了し、来年6月までに利下げを開始するとの見方が強まりました。

 

*CME FedWatch Tool

 

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループがFF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」によると、12月のFOMCでは金利据え置きの確率が80%、0.25%の利上げ確率が20%となっています。

 

 

 

米財務省、四半期入札の規模拡大ペースを鈍化

 

市場でFOMC並みに重要視されていた「米財務省の四半期定例入札の規模」も債券買い=金利低下を誘いました。米財務省は四半期定例入札の規模を前四半期に比べて拡大しましたが、増額ペースは大半の予想を下回りました。ここ数カ月の米国債利回り急上昇を当局が懸念している可能性が示唆されました。

 


同省の発表によれば、来週の入札での中長期債の発行額は計1120億ドルと予想の1140億ドルを若干下回りました。前回8月の定例入札と大きく異なるのが、10年債と30年債の発行ペースを減速させたことです。一部では「年限が長めの国債発行についてはもっと大きく減速させる」との予想もありました。

 

なお、来週の四半期定例入札の内訳は以下の通りとなっており、結果次第では再び米債利回りの動きが荒くなる可能性もあります。

 

7日 3年債(480億ドル)

8日 10年債(400億ドル)

9日 30年債(240億ドル)

 

 

 

「底入れ判断は時期尚早」との声も

 

しかしながら、米国債相場の下落=金利上昇が「最悪期を脱した」と見方は「時期尚早」との慎重な声もあるようです。米10年債利回りについては「再び5%まで上昇する」との予想や、「2007年以来の水準となる5.25%でピークをつける可能性がある」との記事も。

 

また、「パウエルFRB議長は追加利上げの選択肢を温存しており、経済が今後も想定以上の成長を遂げれば、利回りは直近の高水準を再び試す可能性がある」「FRBが引き締め政策を終了した可能性は極めて低い」との指摘もありました。

 

もっとも、ヒアリングしているヘッジファンドやその関係者自身が米国債をショートにしている可能性があるだけに、ポジショントークの可能性があることには留意しておくべきでしょう。何せ、ごくごく最近までは「ヘッジファンド、米国債ショートが過去最大」との見出しが溢れていましたので。

 

 

 

【免責事項・注意事項】

 

本コラムは個人的見解であり、あくまで情報提供を目的としたものです。いかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。また、コラム中のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

この連載の一覧
第34回「介入期待もあってユーロ円のショートは維持」
第33回「久々のリスク・オフのムード 株安・原油急騰・円高」
第32回「ドル円、嵐の前の静けさか? 今週の値幅は1円未満」
第31回「中銀ウィークを無事通過!? ドル高・円安を期待」
第30回「ドル円ロングは維持、ストップは付かずに切り返す」
第29回「ドル円、上値重く 日銀の政策修正観測高まる」
第28回「【祝】日経平均株価、史上最高値 ドル円もそろそろ」
第27回「日経平均株価、史上最高値まであと少し」
第26回「ドル円、上値試すか 昨年11月の151円台も視野」
第25回「注目のFOMCタカ派寄りもドルは下落」
第24回「ドルと円、それぞれの買い要因が綱引き」
第23回「ドル円ショートは損切り 円安とドル高のダブルパンチで」
第22回「ドル円、1カ月ぶり146円台 追加でショート」
第21回「ドル円、年始の悪夢 1月3日のフラッシュクラッシュ」
第20回「ドル円、売りシグナル点灯 さらなる下落に期待」
第19回「ドル円、140円割れが視野に」
第18回「米債ロングは利食い FRB議長発言を前にポジションはなし」
第17回「米長期金利、2カ月ぶり低水準 上昇リスクにはなお注意」
第16回「米国債のロングポジション、含み益が拡大」
第15回「米国債のロングポジション、含み損から含み益に」
第14回「米10年債利回り、16年ぶりに『5%』を突破」
第13回「米国債、下落止まらず 利回りは2007年7月以来の高水準」
第12回「初めての米国債(CFD)買い、そろそろ底打ちかと思ったら・・・」
第11回「下手な難平(なんぴん)、素寒貧(すかんぴん)」
第10回「日経ロングはキープもリスク高い週末 米政府機関の閉鎖はほぼ確実に」
第9回「日経225ロング、含みゾーン(損)に突入!」
第8回「日経平均、レジスタンス突破でいよいよ3万4000円台乗せか!?」
第7回「日経平均、9連騰ならず テクニカル的には・・・」
第6回「日経平均をロング トレンドは友達(Trend is your friend)」
第5回「重要イベント通過もポジション取れず・・・相場は乱高下」
第4回「朝起きたらポジションが全てなくなっているという悲しみ」
第3回「ドル円、ストップロス水準に接近 祝日のため円安けん制発言も期待できず」
第2回「前週のドル円ショートはあえなくストップ 懲りずに再in」
第1回「ドル円、乱高下のあと何故か全戻し 戻りは叩く」

為替情報部 アナリスト

中村 知博

鹿児島出身。2007年国際金融情報サービス会社に入社。 外国為替取引会社・金融機関への24時間リアルタイム金融情報サービスの為替記者として従事。市場動向や見通しなどを解説する動画サービスの業務も経験。 2017年にDZHフィナンシャルリサーチに入社。

中村 知博の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております