あの銘柄を買ってみた!

あの銘柄を買ってみた!~F & LC(スシロー)編~

身近なニュースが株式投資の「ネタ」になる

 

株式投資に関して、「自分にはハードルが高い」と考えている人は多いかと思います。しかし、難しく考える必要はありません。普段目にするニュースなども、株式投資の「ネタ」となります。ここでは、話題になった企業を取り上げ、その企業の株式を買ったとシュミレーションし、その銘柄がどうなったかを後日(1カ月後)に検証してみたいと思います。

 

株価の値動きを追跡することで、株式に対する興味を深めていただきたいということが目的ですので、その銘柄を推奨することを目的とはしておりません。

 

初回は回転寿司のスシローを取り上げます。スシローは濃厚なウニのメニューなどで広告を打ったにもかかわらず、多くの店舗では在庫不足が発生していたということで、2022年6月に消費者庁から措置命令を受けました。「おとり広告」を使ったとして、メディアでも大きく取り上げられました。

 

不祥事銘柄を買って上がるの?

 

ここからは、スシローの株価について掘り下げていきたいと思いますが、現在、スシローという名前の銘柄はありません。スシローグローバルホールディングスという会社が2021年4月1日に、FOOD & LIFE COMPANIES(以下:F & LC)に社名変更しており、「スシロー」はこの企業が展開している主力のブランドになります。「スシロー」のほか、「京樽」、「回転寿司みさき」、「鮨酒肴 杉玉」などのブランドも展開しています。証券コードは3563、東証ではプライム市場に属しています。

 

株式投資の経験が少ない方であれば、「スシローは不祥事でニュースになったのだから、買っても上がらないのでは?」といった見方もあるかと思います。確かに、悪いニュースが出てくると、株価は下がることが多いです。ただし、ある程度下げた後には、反発を期待した買いも入りやすくなります。株式投資で利益を出す(買いの場合)には、買った後に株価が上がらないといけません。その意味では、悪い材料=買えないではなく、出てきた内容を見極めることが重要となります。


今回のニュースであれば、「こんな消費者をだますようなことをする企業は許せない!」と考える人もいるでしょうし、「やったことは良くないけど外食企業は今、事業環境も大変だからなぁ」と同情的に考える人もいるでしょう。株価を見る上では、このニュースでブランドイメージが悪くなり、来店する人が減ってしまうようだと、長期的な株価の下落要因となります。一方、客足がそれほど落ち込まないようであれば、株価の下落は一時的にとどまるかもしれません。

 

ちなみに、F & LCの株価が大きく下落した6月10日には、同業のくら寿司(証券コード:2695)が強く買われるといった動きが見られました。株式市場では、こういった連想ゲーム的な動きも多く見られます。

 

優待・配当面からは株価下落時は買いチャンス

 

株式に関しては、株主優待、配当といった要素もあり、特に外食企業では株価が下落した際に、優待目的での買い需要が高まることがあります。同社の株主優待は、100株保有の場合、グループ企業で使える株主優待割引券(550円分が2枚)が、年2回もらえます。優待による年間の割引額は2200円となります。(2022年7月5日時点)


1カ月後の株価を予想してみる

 

F & LCの株価は、6月10日にニュースが伝わり、大きく下落しました。6月10日の株価は前日比110円安の3080円。ニュースで売られた後も、さらに大きく株価が下落しています。6月後半には切り返す動きも見られました。ただ、7月4日に6月の月次を発表しており、スシローの既存店売上高が前年同月比でマイナスとなったことから、翌7月5日は大幅安となりました。



今回、このタイミングで株価を買ったと想定して、先の値動きを確認することにします。

7月5日の終値は2692円。100株単位ですので、最低の購入金額は2692円×100株で26万9200円となります。なお、実際の株式購入には手数料がかかりますが、値動きを追うことが目的のため、ここでは敢えてこの影響は考慮しないこととします。そして、1カ月後、8月5日(金)の終値がどうなったかを、後日確認してみたいと思います。


悪いニュースが出てきて株価も下げが続いています。ただ、ここからさらに1カ月後はどうでしょう?あまり難しく考えず、ゲーム感覚で「自分だったら買い(もしくは見送り)かなぁ」とイメージしてみてください。まだ下げが足りないと思うのであれば、売りから入る手法もあります。


株式投資で成功するために重要なのは、ちょっとした興味を持つことです。ここで株価が上がるか下がるかを予想して、その上でスシローの店舗の前を通りがかったり、実際に飲食をした際には、また新しい発見が出てくるかと思います。


1カ月後の株価が確定した際には「答え合わせ編」として、その間の値動きについて考察します。またその中でも、株式投資のヒントになるような話をお伝えできればと思います。ぜひ、このページを離れる前に、この銘柄に自分なりのジャッジをしてみてください。



≪結果はこちら↓≫

F & LC(スシロー)の答え合わせ

さらに追跡した結果がこちら↓≫

あの銘柄のその後~F & LC(スシロー)編~

この連載の一覧
アイシン(売り出し)を買ってみた!
九州電力の答え合わせ
NF・日経半導体ETFを買って見た!
トヨタの答え合わせ
九州電力を買ってみた!
ビルファンドの答え合わせ
トヨタを買ってみた!
ビルファンドを買ってみた
ソニーの答え合わせ
あの銘柄のその後~東京エレクトロン編~
ソニーを買ってみた!
川崎汽船の答え合わせ
あの銘柄のその後~オムロン編~
川崎汽船を買ってみた!
ニトリの答え合わせ
NTTの答え合わせ~第2弾~
JTの答え合わせ
ニトリを買ってみた!
オムロンの答え合わせ
JT(日本たばこ産業)を買ってみた!
自動車4社の答え合わせ
オムロンを買ってみた!
あの銘柄のその後~ライザップ編~
トヨタ・ホンダ・日産・マツダを買ってみた!
JR東海の答え合わせ
あの銘柄のその後~三菱UFJ編~
JR東海を買ってみた!
日経レバの答え合わせ
あの銘柄のその後~二デック編~
日経レバを買ってみた!
ライザップの答え合わせ
NTTの答え合わせ~第1弾~
ライザップを買ってみた!
NTTを買ってみた!
二デックの答え合わせ
あの銘柄のその後~F & LC(スシロー)編~
ニデックを買ってみた!
三菱UFJの答え合わせ
三菱UFJを買ってみた!
東光高岳(6617)の答え合わせ
東光高岳(6617)を買ってみた!
日本航空(JAL)の答え合わせ
あの銘柄を買ってみた!~日本航空(JAL)編~
あの銘柄を買ってみた!~任天堂の答え合わせ~
あの銘柄を買ってみた!~任天堂編~
あの銘柄を買ってみた!!~東京エレクトロンの答え合わせ~
あの銘柄を買ってみた!~F & LC(スシロー)の答え合わせ~
あの銘柄を買ってみた!~東京エレクトロン編~
あの銘柄を買ってみた!~F & LC(スシロー)編~

日本株情報部 アナリスト

小松 弘和

証券会社、外資系生命保険会社、大手出版社マネーサイトの株式分析アナリスト、FX会社勤務を経て2014年に入社。金融全般に精通。2級FP技能士。 「トレーダーズ・プレミアム」では、「個別株戦略」「Market Flash」などのコンテンツやニュース配信を担当。 メディア掲載&出演歴 日経CNBC「朝エクスプレス『証券中継』」(隔週金曜)、株主手帳「街の専門家『今月の相場見通し』」、週刊現代、日経マネー、ダイヤモンド・ザイ、ビジネスマンの人生逆転マガジン「Ambitious」、完全ガイドシリーズ「株 完全ガイド」

小松 弘和の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております