あの銘柄を買ってみた!

東光高岳(6617)を買ってみた!

特定の銘柄の値動きを1カ月間追いかけてみる「あの銘柄を買ってみた!」今回は東光高岳という銘柄を取り上げます。証券コードは6617、東証プライムに上場しています。


東光高岳は変圧器や制御機器、スマートメーターなど、電力エネルギー関連の機器を大きく取り扱っています。会社名の読み方は「とうこうたかおか」です。


2023年の大発会で大幅上昇


この銘柄は、2023年の一発目、大発会1月4日の取引で大きく上昇しました。


1月4日付けの日本経済新聞では、政府が電気自動車(EV)に関する規制を緩和するとの観測を1面で大きく取り上げました。これを材料に、この日の国内株式市場では、同社ほかEVの充電器を手掛けている銘柄に買いが入りました。モリテック スチール(5986)、ENECHANGE(エネチェンジ:4169)といった銘柄も大幅高となっており、モリテックは1日でストップ高まで駆け上がりました。


ただ、同社の株価は翌日5日には一転して急落しました。4日に前日比で200円上昇した後、5日には161円下落しており、上昇分の大半を吐き出しています。しかし、6日に小動きとなった後、週明け10日には大幅高と、値動きが大きくなっています。



EV充電器の業績貢献はまだこれから


同社に関してはEV充電器を手掛けてはいるものの、現時点では業績貢献度はまだ低いです。2023年3月期2Q(4-9月)時点の決算関連資料を見ると、EV急速充電器が含まれるGXソリューション事業セグメントの売上高は全体(422億円)の約6%に過ぎません。その6%の中には充電器以外も含まれています。


ただ、業績貢献度がまだ低いということは、裏を返せばここが伸びれば全体の業績に与えるインパクトも大きいと考えられます。だからこそ、株式の1日の値動きもかなり大きくなったと言えます。


また、同社の時価総額は1月10日時点で約300億円程度とそれほど大きくありません。1月4日には大きな動きが出てくる中で出来高も急増しています。こういったタイプの銘柄は、短期で値幅が出ることを期待した売買が活況になることがあります。


1月の上昇で2022年の高値を突破


テーマ色が強く派手な動きをする銘柄は、短期のマネーゲームで終わることもよくあります。ただ、中期のチャートを見てみると、1月4日に2027円まで上昇しており、2022年通年での高値2016円(8月)を上回る場面がありました。過去の高値を超えてくるタイミングでは、値動きが軽くなることが期待できます。




EVがテーマとして盛り上がるかがカギに


今回、1月10日の終値1947円で株式を購入したと仮定して、1カ月間の値動きを追っていきます。100株単位で最低購入金額は19万4700円となります。手数料や税金等の影響は考慮せず、2月10日(金)の終値と比較します。なお、この銘柄を推奨しているわけではありませんので、その点はご注意ください。


同社は例年1月の後半に3Q決算を発表していますので、この期間内に決算が出てくると予想されます。上期の時点では営業利益が前年同期比86.6%増の23.0億円。今回の決算ではEV向け充電器以外の部分が注目されることにはなるでしょうが、足元の業績が好調という点は評価できます。なお、通期の営業利益計画(44億円)に対する進ちょく率は52.3%となっています。


今回株価が大きく動いたのはあくまでも将来期待ですので、この先も人気が持続するかどうかは、株式市場でEVがテーマとして盛り上がり続けるかどうかがカギとなりそうです。EVに関しては、世界では普及が進んでいる地域もありますが、こと日本に関してはガソリン車で自動車大国となったこともあり、官も民もまだ本気になり切れていないところがあります。


一方、年初からソニーとホンダが共同で手がける新型EV「アフィーラ」が、米国で開催された見本市でお披露目されています。こういった企業からのEVに関するニュースが、充電器普及に対する期待を高めることもあります。


材料株っぽい銘柄ですぐに人気が離散してしまうかもしれませんが、決算が出てくるタイミングですし、年初というのはテーマ株が盛り上がりやすい時期でもあります。1カ月後にどういった動きとなったかを検証しますので、気楽な気持ちで上がりそうか下がりそうかをイメージしてみてください。


≪結果はこちら↓≫

東光高岳の答え合わせ


この連載の一覧
アイシン(売り出し)を買ってみた!
九州電力の答え合わせ
NF・日経半導体ETFを買って見た!
トヨタの答え合わせ
九州電力を買ってみた!
ビルファンドの答え合わせ
トヨタを買ってみた!
ビルファンドを買ってみた
ソニーの答え合わせ
あの銘柄のその後~東京エレクトロン編~
ソニーを買ってみた!
川崎汽船の答え合わせ
あの銘柄のその後~オムロン編~
川崎汽船を買ってみた!
ニトリの答え合わせ
NTTの答え合わせ~第2弾~
JTの答え合わせ
ニトリを買ってみた!
オムロンの答え合わせ
JT(日本たばこ産業)を買ってみた!
自動車4社の答え合わせ
オムロンを買ってみた!
あの銘柄のその後~ライザップ編~
トヨタ・ホンダ・日産・マツダを買ってみた!
JR東海の答え合わせ
あの銘柄のその後~三菱UFJ編~
JR東海を買ってみた!
日経レバの答え合わせ
あの銘柄のその後~二デック編~
日経レバを買ってみた!
ライザップの答え合わせ
NTTの答え合わせ~第1弾~
ライザップを買ってみた!
NTTを買ってみた!
二デックの答え合わせ
あの銘柄のその後~F & LC(スシロー)編~
ニデックを買ってみた!
三菱UFJの答え合わせ
三菱UFJを買ってみた!
東光高岳(6617)の答え合わせ
東光高岳(6617)を買ってみた!
日本航空(JAL)の答え合わせ
あの銘柄を買ってみた!~日本航空(JAL)編~
あの銘柄を買ってみた!~任天堂の答え合わせ~
あの銘柄を買ってみた!~任天堂編~
あの銘柄を買ってみた!!~東京エレクトロンの答え合わせ~
あの銘柄を買ってみた!~F & LC(スシロー)の答え合わせ~
あの銘柄を買ってみた!~東京エレクトロン編~
あの銘柄を買ってみた!~F & LC(スシロー)編~

日本株情報部 アナリスト

小松 弘和

証券会社、外資系生命保険会社、大手出版社マネーサイトの株式分析アナリスト、FX会社勤務を経て2014年に入社。金融全般に精通。2級FP技能士。 「トレーダーズ・プレミアム」では、「個別株戦略」「Market Flash」などのコンテンツやニュース配信を担当。 メディア掲載&出演歴 日経CNBC「朝エクスプレス『証券中継』」(隔週金曜)、株主手帳「街の専門家『今月の相場見通し』」、週刊現代、日経マネー、ダイヤモンド・ザイ、ビジネスマンの人生逆転マガジン「Ambitious」、完全ガイドシリーズ「株 完全ガイド」

小松 弘和の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております