中国株の銘柄選び

香港市場の主要銘柄:農夫山泉(1) 社名はダサそうだけど実はスゴい、ボトル入り飲料水の中国最大手

中国株への投資を始めてみたいけど、どんな銘柄に投資していいか分からない。そんな場合は、香港市場を代表する株価指数であるハンセン指数の構成銘柄の中から探してみるのが基本中の基本。ハンセン指数に選ばれる銘柄の中には、世界的な大企業もあれば、個性的で魅力的な銘柄もたくさん集まっています。このシリーズでは、香港市場の主要銘柄をハンセン指数の構成銘柄の中から選んで紹介していきます。


▼参考

中国株の銘柄選び 中国株ビギナーがまず選ぶのはこれ!ハンセン指数は基本中の基本


ボトル入り飲料水の中国最大手


今回紹介するのはボトル入り飲料水の中国最大手、農夫山泉(ノンフー・スプリング:09633)です。ペットボトル入りの飲料水やウオーターサーバー用の飲料水のほか、茶飲料、機能性飲料、果汁飲料などを中国で製造・販売している会社です。


ボトル入り飲料水では長年にわたり中国で国内シェア1位の座を維持し、2022年3月にハンセン指数に採用されるほどメジャーな銘柄ですが、日本のメディアで紹介されることはほとんどなく、日本の投資家にとっては馴染みが薄い銘柄かもしれません。


出所:華経産業研究院


謎多き中国で一番の大富豪


突然ですが、読者の方に質問です。「中国で一番の大富豪は誰?」と聞かれたら、誰が思い浮かぶでしょうか?


テンセント(00700)創業者の馬化騰(ポニー・マー)氏でしょうか?それともアリババ集団(09988)創業者の馬雲(ジャック・マー)氏?ひと昔前だったら不動産で一大帝国を築いた中国恒大集団(03333)の許家印会長の名前が挙がったかもしれません。


出所:胡潤百富榜


10月に発表された最新版の胡潤中国富豪ランキングによると、1位は養生堂の鍾センセン氏(センは目へんに炎)となっています。2位の馬化騰氏、3位の黄崢氏らを大きく突き放してのダントツ1位。しかも3年連続です。「鍾センセン」という名前を聞いてもピンとこない人が多いと思います。「養生堂」という会社も聞いたことがないという人が多いでしょう。


「養生堂」は鍾氏が1993年に設立した会社で、鍾氏は「養生堂」を通じて、香港証券取引所に上場するボトル入り飲料水で中国最大手の農夫山泉(09633)、上海証券取引所に上場する体外診断用医薬品を手掛ける北京万泰生物薬業(603392)という2つの上場企業を支配しています。この2つの会社が鍾氏を中国で一番の大富豪に押し上げたのです。



鍾氏自身はメディアへの露出が極端に少なく、インタビューにも滅多に応じない人物として知られています。人付き合いが嫌いであることを公言し、中国の経営者としては珍しくお酒も飲まないと言います。「そんな時間があるなら仕事に没頭したい」という根っからの仕事人間で、経営者らの集まりにもほとんど顔を出すことはありません。


香港証券取引所に上場した際も上場セレモニーに参加せず、代表として短いビデオメッセージを発しただけでした。非常に癖の強い経営者で、世間からはよく「一匹狼」と呼ばれています。


そんな彼が、どのようにして農夫山泉の中国最大のボトル入り飲料水メーカーに育て上げ、中国一の大富豪に上り詰めたのでしょうか。その道のりを追っていきます。

 

農夫山泉の鍾会長 出所:農夫山泉HP


苦難が続いた幼少~青年時代


鍾氏は1954年、浙江省杭州の知識階級の家庭に生まれます。祖父は北伐時代に浙江省諸曁市の中国共産党第一支部の書記を務めた老幹部。父親は浙江省広播電台(ラジオ局)で宣伝チームのトップを務めた人物です。


1957年に反右派闘争が始まると、両親は「右派」のレッテルを貼られて迫害を受けます。1966年に文化大革命が始まると学校にも行けなくなり、小学校は5年までで退学することになります。幼少期から時代に翻弄され、不遇の道のりを歩みます。両親とともに送られた地方では、左官や大工などの仕事に従事。鍾氏は長く苦しい幼少~青年時代を過ごしたのです。



毛沢東が1976年に亡くなると、長く続いた文化大革命も終結。1977年には大学入学試験が再開されます。鍾氏は大学入試にチャレンジしますが、合格ラインに20点ほど足りず、2年連続で失敗。このあたりは、同じく杭州出身で、大学受験に2度失敗したアリババ集団(09988)創業者の馬雲(ジャック・マー)氏に通じるところがあります。しかも2人は同じ寮で一時期を過ごしたこともあるのです。世界は狭いものです。鍾氏にとってこの時代の大きな挫折が成長の素地になっているのかもしれません。


次回も農夫山泉の続きです。お楽しみに。


まとめ:今回紹介した香港市場の主要銘柄


今回紹介した銘柄は、2020年に香港証券取引所のメインボードに上場したボトル入り飲料水最大手の農夫山泉(09633)です。


【ボトル入り飲料水の中国最大手】「農夫山泉」ブランドでボトル入りのナチュラルミネラルウオーターの製造・販売を手掛ける。中国市場で長年にわたってシェアトップを維持。新疆ウイグル自治区や黒龍江省、浙江省、河北省、湖北省、四川省など全国12カ所に湧き水や深層水の水源を持ち、水源の近くに工場を保有する。茶飲料「東方樹葉」、機能性飲料「維他命水」、果汁飲料「農夫果園」なども生産。これら3種でもシェア上位。

この連載の一覧
二季報を使った銘柄選び(2) 「中国株二季報」を目的に合わせて効率よく使いこなそう!
二季報を使った銘柄選び(1) 中国株の銘柄選びに欠かせない「中国株二季報」とは?
香港市場の主要銘柄:香港鉄路(5) 香港版Suicaのオクトパス、世界に先駆けてFeliCaを採用
香港市場の主要銘柄:香港鉄路(4) 香港鉄路はなにで儲けてる?鉄道会社だけど利益の柱は別にある
香港市場の主要銘柄:香港鉄路(3) 海外売上比率5割超、香港の鉄道会社だけど海外で稼ぐ
香港市場の主要銘柄:香港鉄路(2) 九広鉄路吸収で香港の鉄道独占事業者に、ディズニー線も運行
香港市場の主要銘柄:香港鉄路(1) 公共輸送シェア約5割!香港市民の移動を支える鉄道銘柄
香港市場の主要銘柄:農夫山泉(5) 広告重視の経営、どうする後継者問題?
香港市場の主要銘柄:農夫山泉(4) 勝者無き戦い、「京華時報」との大バトル
香港市場の主要銘柄:農夫山泉(3) 新参者のとった驚きの戦略とは!?訴訟に敗れて市場を奪う
香港市場の主要銘柄:農夫山泉(2) 娃哈哈との最初の確執、亀とスッポンで成功後に飲料水業界に参入
香港市場の主要銘柄:農夫山泉(1) 社名はダサそうだけど実はスゴい、ボトル入り飲料水の中国最大手
意外と身近にある中国株、街中で探してみた(4) ロクシタン、南仏プロバンス発祥の自然派コスメブランド
意外と身近にある中国株、ドンキの店内で探してみた(8) バドワイザーAPAC、世界最大のビール会社のアジア部門
香港市場の主要銘柄:ハンセン銀行(4) 23年に創立90周年、デジタル分野でも挑戦を続ける
香港市場の主要銘柄:ハンセン銀行(3) 史上最大の1965年危機、ライバルの傘下に下る
香港市場の主要銘柄:ハンセン銀行(2) 戦後の香港で再出発、香港の「超人」李嘉誠氏らを支援
香港市場の主要銘柄:ハンセン銀行(1) 「永遠の成長」を目指す香港の華人系銀行大手
香港市場の主要銘柄:中電控股(3) 戦後復興と海外展開、SOCに守られた香港事業と不安定な豪州事業
香港市場の主要銘柄:中電控股(2) カドゥーリー家の夢と挫折、第二次大戦中は日本軍が接収
香港市場の主要銘柄:中電控股(1) 100年以上の歴史を誇る香港最大の電力会社、イラク系ユダヤ人が支配
意外と身近にある中国株、街中で探してみた(3) 1910年創業の旅行かばんの王者「サムソナイト」、社名の由来となった「サムソン」とは?
意外と身近にある中国株、街中で探してみた(2) ペニンシュラホテル、「東洋の貴婦人」と呼ばれた歴史と伝統の高級ホテル
意外と身近にある中国株、街中で探してみた(1) シャングリラ・アジア、東京駅に隣接する「理想郷」
中国株ビギナーがまず選ぶのはこれ!ハンセン指数は基本中の基本
意外と身近にある中国株、ショピングモールで探してみた(1) ポップマートのロボショップ、沼にハマる人続出の「盲盒」とは?
意外と身近にある中国株、ドンキの店内で探してみた(7) お湯要らず!「海底撈」のインスタント火鍋
意外と身近にある中国株、ドンキの店内で探してみた(6) 1840年創業の超老舗企業が生み出す「鎮江香酢」
意外と身近にある中国株、ドンキの店内で探してみた(5) 不思議な味の中華ジャンクフード「辣条(ラーティアオ)」
意外と身近にある中国株、ドンキの店内で探してみた(4) 周恩来が愛した大白兎のミルクキャンディー
意外と身近にある中国株、ドンキの店内で探してみた(3) 旺旺のミルクキャンディー、独特の企業文化と「黒皮精神」
意外と身近にある中国株、ドンキの店内で探してみた(2) 洽洽食品のヒマワリの種と康師傅のカップ麺
意外と身近にある中国株、ドンキの店内で探してみた(1) 小米のスマートバンド、TCLのテレビ、ANKERのスマホアクセサリー
香港市場の主要銘柄:ネットイース(3) どん底から奇跡の大復活、ゲームを事業の柱に成長
香港市場の主要銘柄:ネットイース(2) ポータルサイト化へ戦略転換、ナスダックに上場
香港市場の主要銘柄:ネットイース(1) 中国のオンランゲーム大手、より簡単なネット接続を目指す
意外と身近にある中国株、街中の飲食店を探してみた(3) お米を使ったライスヌードル「米線」の「譚仔三哥」
香港市場の主要銘柄:CNOOC 中国最大のオフショア石油開発会社
意外と身近にある中国株、街中の飲食店を探してみた(2) 羊のしゃぶしゃぶ料理の「小肥羊」
意外と身近にある中国株、街中の飲食店を探してみた(1) 火鍋のトップブランド「海底撈」、抜群のエンタメ性が人気の秘密
香港市場の主要銘柄:JDドットコム(3) 自前主義でライバルと差別化、顧客に喜びを届ける
香港市場の主要銘柄:JDドットコム(2) 創業記念日に上場、618に強い思い入れ
香港市場の主要銘柄:JDドットコム(1) 中国のネット通販大手、分かれ道となった20年前のSARS
香港市場の主要銘柄:AIAグループ(2) AIGから独立して香港市場に上場、ロゴに描かれている山は?
香港市場の主要銘柄:AIAグループ(1) アジア最大級の生命保険会社、1919年創業の保険代理店がルーツ
香港市場の主要銘柄:HSBC(2) 民間銀行だけど紙幣を発行、紙幣に描かれたライオンの正体は?
香港市場の主要銘柄:HSBC(1) 1865年に香港で創業、アヘンで成長した黒歴史も
意外と身近にある中国株、家電量販店で探してみた(3) 白物家電編
中国株の銘柄選び:意外と身近にある中国株、家電量販店で探してみた(2) テレビ編
中国株の銘柄選び:意外と身近にある中国株、家電量販店で探してみた(1) スマホ、PC編
香港市場の主要銘柄:美団(3) 「アリババ系」から「テンセント系」へと転身、そして・・・
香港市場の主要銘柄:美団(2) アリババ集団との蜜月と決別、転機となった15年のある出来事
香港市場の主要銘柄:美団(1) ATMXの一角で時価総額5位、清華大卒の王興氏が北京で立ち上げ
香港市場の主要銘柄:チャイナ・モバイル 携帯契約数は世界1位、NTTドコモの11倍
香港市場の主要銘柄:中国建設銀行 4大国有商業銀行で時価総額最大、インフラ建設分野に強み
香港市場の主要銘柄:アリババ集団(3) アリババは102年続く企業になれるのか?
香港市場の主要銘柄:アリババ集団(2) イーベイとの争いを制して中国での覇権を握る
香港市場の主要銘柄:アリババ集団(1) 落ちこぼれジャック・マーの逆襲
香港市場の主要銘柄:テンセント、目指すは「最も尊敬されるインターネット企業」

中国株情報部 部長兼編集長

池ヶ谷 典志

立命館大学卒業後、1997年に北京の首都経済貿易大学に留学。 北京では中国国有の大手新聞社などに勤務し、中国の政治、経済、社会記事などを幅広く執筆。 帰国後の2004年にT&Cトランスリンク(現DZHフィナンシャルリサーチ)入社。 現地での豊富な経験や人脈を生かして積極的に中国企業や政府機関などへの取材を行ない、中国企業の調査・分析を行なっている。

池ヶ谷 典志の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております