気になるテーマ解説

投信の超低コスト競争に拍車

10月14日は「投資の日」です。だからといって、その日の相場が必ず良いというわけではありませんが、この時期になると業界では投資への啓蒙活動が活発になってきます。証券会社の各支店にも投資の日のリーフレットが大量に届き、新規開拓などに使われます。


こういった啓蒙活動や時代の変化などにより、投資家層も広がりつつあります。なかでも若年層が特に重視するのは「コスパ」で、より効率よくお金を増やしたいといった意識が強いと感じます。年齢的に資金が有り余っているというわけでもないので、じゃあインデックスファンドの積み立て投資から始めようという人は多いでしょう。


時代の流れに乗って、投資信託のコスト(信託報酬)も低下傾向にあります。国内純資産総額1位の「eMAXIS Slim 米国株S&P500」は実質信託報酬が0.09372%(10月16日時点)であり、1年間、ファンドの純資産が変わらない前提で計算すると、100万円に対するコストは年間937円と破格。足元の純資産2兆6863億円に対する信託報酬は年25億円ほどです。


余談ですが、税抜きだと「eMAXIS Slim 米国株S&P500」の信託報酬は0.0852%です。このうち、委託会社(運用会社)は0.0326%、販売会社(証券会社や銀行)が0.0326%、受託会社(信託銀行)が0.02%なので、足元の純資産2兆6863億円に対する取り分は、それぞれ8.7億円、8.7億円、5.3億円くらいになります。運用会社は1社なのでまだしも、販売会社は多数存在するので、8.7億円をそれぞれで分けるとこのファンド1本だけでは大した利益にはならなさそうですね。


それはさておき、10月17日付けの日本経済新聞朝刊で、投信業界を騒がせそうなニュースがありました。なんと、大手運用会社のニッセイアセットマネジメントが、S&P500に高い相関性があるインデックスファンドを発売するとのこと。信託報酬は驚異の0.057%。王者のeMAXISを4割近く下回るコスト水準です。ファンド名は「ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」とのことですが、10月17日時点で公式からはまだ発表されていません。報道ベースなので、今後の詳細が気になるところです。


インデックスファンドの四天王

積み立て投資によるインデックスファンドへの資金流入はすさまじく、残高トップの「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は直近の月で800億円の流入です。インターネットで検索すればすぐに確認できますが、投資信託の純資産ランキング10位を並べると以下のようになります。


 

※各データを基に弊社作成 網掛けはインデックス型、白地はアクティブ型


このように上位5本のうち4本がインデックス型ファンドであり、メディアやSNSなどでも人気のファンドです。インデックス型ファンドは星の数ほどありますが、買い付けは一部に集中していることが分かります。


2位のAB(アライアンス・バーンスタイン)はアクティブ型ファンドですが、野村證券などの大手が販売に注力していたことから残高は非常に多いです。片やインデックスファンドは勝手にお金が入ってくるので、近い将来2~4位との順位逆転もありそうですね。


ニッセイが猛追するか


24年から新NISAが始まります。つみたてNISA・一般NISAの投資分とは別枠で設定されるため、24年以降も今までと同じ商品を積み立てる、または別の商品を新たに積み立てし始めることもできます。報道内容からして「ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」は厳密にはS&P500連動ではないですが、それに近いパフォーマンスが期待できるもようです。ほぼ同じなら、24年以降は乗り換えた方がお得だよねという人は多いでしょう。


簡単に比較してみた結果

 

※年率5%の上昇が20年間続くと仮定し弊社作成 24年初を10000とする。


それぞれの信託報酬による上昇幅の差は、パーセンテージに直すと20年後で200ほどとなりました。この数字を大きいとみるか否かは人それぞれですが、仮定通りにいくと当初100万円だったものに対して2万円程度の差が出てくる感じになりそうですね。ただ、両ファンドともインデックス型とはいえ、運用の仕組み上、騰落率は微妙に差が出てきます。日々の誤差でパフォーマンスが逆転する可能性もあるので、個人的な意見ですがどちらでも大差はないでしょう。


ちなみに「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は、23年4月25日に信託報酬を0.0968%から0.09372%へ引き下げました。「他社類似ファンドの運用コストに注意を払い、業界最低水準の運用コストをめざすファンド」と公言しているため、ニッセイの新ファンド並みに下がるかどうかは分かりませんが、何かしらのアクションを起こす可能性は高いです。


ニッセイの新ファンドは今のインデックスファンド四天王にとって脅威的な存在ですが、強力なライバル出現を傍観するだけというわけにもいきませんよね。シェアを奪われないよう、今後信託報酬の引き下げられる可能性もあるので、今年もあとわずかですがしっかりと情報を集めたいところです。



この連載の一覧
プロが注目する配当株は?
出生率が過去最低を更新 止まらない少子高齢化
日本の長期金利が1%台に 今後の影響は?
日経平均と半導体株の関係
株式分割は本当に好材料なのか
株価は割高なのか? 指標を参考にしてみる
新興市場をざっくり振り返ってみる
金が人気の背景とは?
東京都の予算
マイナス金利解除が決定 マーケットへの影響は?
長期投資は我慢比べ
アクティブETFのその後
シリコンアイランド九州は復活か
政策保有株式の売却が進む(2)
決算プレーと自動売買
配当株投資の怖いところ
インターネット広告に試練 Cookie規制とは?
ロボアドバイザーの先駆け ウェルスナビの実力は?
優秀なインデックスファンドとは?
辰年は上がりやすい?
新NISA 注意したい配当金と分配金
新NISA 流行の積み立てと為替リスク
コスト最安の日本株アクティブファンドが登場
NTTが推進するIOWN構想とは?
政策保有株式の売却が進む
歯の健康は全身の健康 病気は未然に防ぐ時代へ
MSワラントの恐怖
配当金が保険料の賦課対象に?
今年は暖冬の予報 マーケットへの影響は?
投信の超低コスト競争に拍車
建設業界と2024年問題
積み立て投資との相性良し悪し
住宅ローンの借り入れは計画的に
東証スタンダード市場の選択申請が増加中
長期金利と株価の関係はよく言われるが・・・
国内初のアクティブETFが誕生
魚が高すぎて買えません
配当方針いろいろあります
太陽光発電は自家消費へ
メタの新SNS「Threads」使ってみた
電池の覇権、リチウムの次は亜鉛?
SENSEX指数が最高値更新 インドってどんな国?
訪日旅行者は今後も伸びる?
半導体製造装置 1台おいくら?
変動金利型住宅ローンが実質マイナス金利へ
話題沸騰のダイヤモンド半導体とは?
著名投資家の投資候補を考察
デジタル給与が解禁! メリット・デメリットは?
私の銀行は大丈夫?
全人代が開幕 いまさら聞けない日本の中国依存度
金利上昇の懸念はあるが省エネ住宅は拡大へ
【気になるテーマ解説】 健康だけじゃない? アミノ酸の可能性
なんでも材料視する株式市場
多発する客テロ AIカメラに注目集まる
会話は人そのもの 話題の「ChatGPT」とは?
「超」高齢化社会の日本
金利に翻弄される銀行 金利の影響と債券の仕組み
出生数80万人割れへ 子育て関連株の行方は・・・
何かと注目される親子上場
【気になるテーマ解説】市場規模は無限大? 壮大な宇宙産業
【気になるテーマ解説】レベル4解禁! ドローンの普及で何が変わるのか
【気になるテーマ解説】成功率3万分の1? 新薬開発の過酷な道のり
【気になるテーマ解説】パワー半導体ってなんだ?
【気になるテーマ解説】「Web3.0」ってなんだ?

日本株情報部 アナリスト

畑尾 悟

2014年に国内証券会社へ入社後、リテール営業部に在籍。個人顧客向けにコンサルティング営業に携わり、国内証券会社を経て2020年に入社。「トレーダーズ・ウェブ」向けなどに、個別銘柄を中心としたニュース配信を担当。 AFP IFTA国際検定テクニカルアナリスト(CMTA)

畑尾 悟の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております