気になるテーマ解説

金が人気の背景とは?

このところ、金(ゴールド)の価格が急激に上昇しています。町中にある買取店には店頭に金価格が表示されていますが、1グラム10000円を超えたのは過去の話。今では13000円近い水準です。10000円に乗せたとき換金した人も多かったようですが、まだ持っておけばよかった・・・と後悔しそうな値動きですね。


ちなみに、最近の推移はこのような感じです。


出所:Trading View CME金先物


3月以降、見事なまでに2段階の昇竜拳となっていますね。なぜこれまでに金が買われているのか漠然とした部分も多いと思いますので、今回は上昇の背景を探っていきます。


金を消費する国

金と言えば、真っ先に思いつくのは宝飾品だと思います。一際目立つネックレスや指輪を付けている人を見かけると「おお~お金持ちだ」となりますよね。そのような金について、世界で1年間に消費される量のシェアはご存じでしょうか。


内訳を調べてみると、このようになりました。


※World Gold Council提供データを基に弊社作成


断トツ1位は中国です。歴史的に見れば宝飾品としての需要が少しずつ高まっていったようですが、一番の理由は中国人民銀行による金買いと見られているようです。一部の調査会社によると、経済危機の際に強い資産であることや、米中対立などをきっかけに、ドルより金が選好されているとの観測がありました。


昨今では中国の不動産市況が低迷し、バブルが弾けたと言われています。現在、中国国民は現金志向が顕著とのことで、バブル崩壊後の日本を想起させますね。ただ、不動産の代わりに金を買うという動きも旺盛なようで、ここは日本と中国で違いが出てきています。


2位は意外かもしれませんが、インドも中国に匹敵する消費国です。文化的な側面もあって古くから金が好まれており、神話の神々は金色の装飾を身にまとっていることが特徴です。インドは世界最大の人口となりましたが、現在も貧富の差は大きいです。貧しい人の中には銀行口座を持てないケースもあり、そういった場合は資産として金を保有する傾向があるとのこと。門出の際にも子どもに金を持たせるなど、インドでは生活の何かしらに金が関わっているようです。


ちなみに、日本は27位です。日本人にとって、お金持ちでない限り金に触れる機会はあまり多くありません。たまたま金箔入りのお酒やアイスを嗜むくらいではないでしょうか。このように、金の市場は海外が主導しているということが分かりますね。


インフレや情勢悪化でも買われる

現在、世界的にインフレが進んでいます。モノの値段が上がり、現金の価値が相対的に目減りするという状況です。日本でもこれまでは値上げがしづらい状況でしたが、見てのとおり食品や生活用品が目に見えて値上がりしました。住宅価格も高騰しており、日本はいよいよ脱デフレの時代に突入という見方も増えてきています。


インフレが進めば、モノである金も値上がりしやすくなります。現金が目減りするなら値上がり期待のある金を買おうという人が増えますので、そういった買いによって金価格が上昇していくといった流れですね。


また、世界情勢の悪化も金価格の上昇に拍車をかけます。直近では中東情勢が緊迫化しており、イスラエルとイランの関係が最悪の状況です。実質的には戦争と言われてもおかしくはありません。それだけでなく、中国と台湾の問題、ロシア・ウクライナ紛争、米中対立の激化など、世界的に大きな影響がある国家間の問題が増えています。


例えば、ロシア・ウクライナ紛争をきっかけにロシアへの経済制裁が強まり、その結果として石油やガスなどの資源価格が上昇しました。また、コロナ後の米国経済が強いので、原油需要が高まるとの見方も資源価格を押し上げる要因の一つです。金については、宝飾品としての需要だけでなく、半導体などの電子部品にも使われ、化学工場では触媒としても使用されます。すべてリサイクルでまかなえればよいのですが、もちろんそれでは足りないので、産出国では鉱山で採掘がおこなわれています。


まとめると、実需が強い、インフレ、情勢不安などさまざまな要因が重なった結果、昨今のように金が急上昇していると考えられます。なお、勝手に価格が上がるわけではなく、今よりも高値で買おうという人がいるからこそ価格が上昇していきます。情勢が変わり、金はもう上がらないから売ろうという人が増えれば、下落していくかもしれません。


この連載の一覧
日経平均と半導体株の関係
株式分割は本当に好材料なのか
株価は割高なのか? 指標を参考にしてみる
新興市場をざっくり振り返ってみる
金が人気の背景とは?
東京都の予算
マイナス金利解除が決定 マーケットへの影響は?
長期投資は我慢比べ
アクティブETFのその後
シリコンアイランド九州は復活か
政策保有株式の売却が進む(2)
決算プレーと自動売買
配当株投資の怖いところ
インターネット広告に試練 Cookie規制とは?
ロボアドバイザーの先駆け ウェルスナビの実力は?
優秀なインデックスファンドとは?
辰年は上がりやすい?
新NISA 注意したい配当金と分配金
新NISA 流行の積み立てと為替リスク
コスト最安の日本株アクティブファンドが登場
NTTが推進するIOWN構想とは?
政策保有株式の売却が進む
歯の健康は全身の健康 病気は未然に防ぐ時代へ
MSワラントの恐怖
配当金が保険料の賦課対象に?
今年は暖冬の予報 マーケットへの影響は?
投信の超低コスト競争に拍車
建設業界と2024年問題
積み立て投資との相性良し悪し
住宅ローンの借り入れは計画的に
東証スタンダード市場の選択申請が増加中
長期金利と株価の関係はよく言われるが・・・
国内初のアクティブETFが誕生
魚が高すぎて買えません
配当方針いろいろあります
太陽光発電は自家消費へ
メタの新SNS「Threads」使ってみた
電池の覇権、リチウムの次は亜鉛?
SENSEX指数が最高値更新 インドってどんな国?
訪日旅行者は今後も伸びる?
半導体製造装置 1台おいくら?
変動金利型住宅ローンが実質マイナス金利へ
話題沸騰のダイヤモンド半導体とは?
著名投資家の投資候補を考察
デジタル給与が解禁! メリット・デメリットは?
私の銀行は大丈夫?
全人代が開幕 いまさら聞けない日本の中国依存度
金利上昇の懸念はあるが省エネ住宅は拡大へ
【気になるテーマ解説】 健康だけじゃない? アミノ酸の可能性
なんでも材料視する株式市場
多発する客テロ AIカメラに注目集まる
会話は人そのもの 話題の「ChatGPT」とは?
「超」高齢化社会の日本
金利に翻弄される銀行 金利の影響と債券の仕組み
出生数80万人割れへ 子育て関連株の行方は・・・
何かと注目される親子上場
【気になるテーマ解説】市場規模は無限大? 壮大な宇宙産業
【気になるテーマ解説】レベル4解禁! ドローンの普及で何が変わるのか
【気になるテーマ解説】成功率3万分の1? 新薬開発の過酷な道のり
【気になるテーマ解説】パワー半導体ってなんだ?
【気になるテーマ解説】「Web3.0」ってなんだ?

日本株情報部 アナリスト

畑尾 悟

2014年に国内証券会社へ入社後、リテール営業部に在籍。個人顧客向けにコンサルティング営業に携わり、国内証券会社を経て2020年に入社。「トレーダーズ・ウェブ」向けなどに、個別銘柄を中心としたニュース配信を担当。 AFP IFTA国際検定テクニカルアナリスト(CMTA)

畑尾 悟の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております