気になるテーマ解説

太陽光発電は自家消費へ

2023年の夏も異常な暑さです。少しでも外に出ると、あっという間に日焼けしてしまいますよね。自宅内であっても扇風機では耐えられないので、筆者宅はエアコンがフル稼働。電気料金も高いため、早く涼しい時期になってくれないかと切に願うばかりです。


ちなみ東京都における8月の最高気温は

 

※気象庁データをもとに弊社作成(1876年~2022年)


このような状況となっています。夏になると毎年各地の気温が報道されますが、2004年にも最高39.5度を付ける日があったようです。ただ、毎年暑さが増しているようにも思える感覚は間違いではありません。気温が35度を超える猛暑日は増えており、23年は7月として過去最多となりました。


どんどん暑くなっていく原因は、ご存じのとおり温室効果ガスの排出によるものとされています。地球は太陽からの日射量によって寒冷期と温暖期の繰り返しているため、そのうち寒冷期が始まるのでは?という意見もあるようですが、20世紀後半からの温暖化は日射量のみでは説明できないそうです。

となると、温暖化を抑えるには必然的に温室効果ガスの排出を減らす必要がありますよね。盛んに言われている再生可能エネルギーの利用も、いわゆる脱炭素化に向けた取り組みの一つです。



そういえば太陽光って今どうなの?

国内においても、再生可能エネルギーを活用しようという動きが進んでいます。特に太陽光発電の話題が多く、東京都が2025年から新築住宅に太陽光パネルの設置を義務付けるといったニュースもありましたよね。

一方で、太陽光発電による投資をうたった詐欺、用地開発に伴う土砂災害リスクなど、良くない話もあります。今後、太陽光発電の活用はどのように展開されていくのでしょうか。


自家消費の利用が拡大傾向

このごろは、太陽光で発電した電力を売るよりも、自分で使う(自家消費)動きが強まっています。例えば、企業が保有する敷地や建物の屋上などに太陽光パネルを設置し、オフィスや工場の電力として使用することなどが挙げられます。

 


つまり、太陽光投資で利益を上げるというよりも、電気代の削減、万が一の非常用電源などとして活用しようという企業が増えているということです。一般家庭においても太陽光パネルと蓄電池を設置することで電気の自給自足ができそうですよね。もちろん、日差しが弱いと十分に発電できないなどのデメリットはあります。


企業の取り組み

上場企業においても自家消費による脱炭素化の取り組みを進めている事例がたくさんあります。いくつか取り上げてみると


コニカミノルタ(4902)

マレーシアの複合機生産拠点を100%再エネ化

太陽光20%と、再エネ電力証書付きの電力80%


リコーリース<(8566)

自社太陽光発電所由来の再生可能エネルギーを自社オフィスに活用


協和キリン(4151)

山口県の宇部工場へ大規模太陽光発電設備を導入


はごろもフーズ(2831)

静岡県の新清水プラントに太陽光発電システム設置

消費電力の約15%を太陽光に


オリックス(8591)

オリックス不動産が100%再エネ由来の電力で賄う物流施設を開発

屋上には太陽光発電設備を設置、発電量が不足するときはオリックスが非化石証書付き電力を供給


このように、オフィスや工場などで太陽光を活用しています。太陽光を含めて再エネを導入したからと言って業績に直接寄与するわけではありませんが、脱炭素に取り組んでいる姿勢をアピールする機会になります。


次世代太陽光パネルの開発が進む

基本的に太陽光発電は真っ平なパネルですが、日本において曲げられる太陽光パネル「ペロブスカイト太陽電池」の開発が進められています。

 

もし、太陽光パネルが曲げられるようになれば、取り付けられる場所が増えそうですよね。例えば球面の建造物や、円柱、車のボディなど、考えればたくさん出てきます。まだ実用化には至っていませんが、もし普及すれば太陽光の自家消費に一層拍車がかかるでしょう。


話は変わりますが、照明などで日常的に使われているLED(発光ダイオード)のうち、青色LEDを発明したのは日本人です。これによって光の三原色である「赤・黄・青」がそろったため、あらゆる色を再現できるようになりました。照明が白いのも青色LEDが発明されたおかげなので、世紀の大発明ですよね。ペロブスカイト太陽電池が実用化されれば、日本初の太陽光革命が起きるかもしれません。


この連載の一覧
プロが注目する配当株は?
出生率が過去最低を更新 止まらない少子高齢化
日本の長期金利が1%台に 今後の影響は?
日経平均と半導体株の関係
株式分割は本当に好材料なのか
株価は割高なのか? 指標を参考にしてみる
新興市場をざっくり振り返ってみる
金が人気の背景とは?
東京都の予算
マイナス金利解除が決定 マーケットへの影響は?
長期投資は我慢比べ
アクティブETFのその後
シリコンアイランド九州は復活か
政策保有株式の売却が進む(2)
決算プレーと自動売買
配当株投資の怖いところ
インターネット広告に試練 Cookie規制とは?
ロボアドバイザーの先駆け ウェルスナビの実力は?
優秀なインデックスファンドとは?
辰年は上がりやすい?
新NISA 注意したい配当金と分配金
新NISA 流行の積み立てと為替リスク
コスト最安の日本株アクティブファンドが登場
NTTが推進するIOWN構想とは?
政策保有株式の売却が進む
歯の健康は全身の健康 病気は未然に防ぐ時代へ
MSワラントの恐怖
配当金が保険料の賦課対象に?
今年は暖冬の予報 マーケットへの影響は?
投信の超低コスト競争に拍車
建設業界と2024年問題
積み立て投資との相性良し悪し
住宅ローンの借り入れは計画的に
東証スタンダード市場の選択申請が増加中
長期金利と株価の関係はよく言われるが・・・
国内初のアクティブETFが誕生
魚が高すぎて買えません
配当方針いろいろあります
太陽光発電は自家消費へ
メタの新SNS「Threads」使ってみた
電池の覇権、リチウムの次は亜鉛?
SENSEX指数が最高値更新 インドってどんな国?
訪日旅行者は今後も伸びる?
半導体製造装置 1台おいくら?
変動金利型住宅ローンが実質マイナス金利へ
話題沸騰のダイヤモンド半導体とは?
著名投資家の投資候補を考察
デジタル給与が解禁! メリット・デメリットは?
私の銀行は大丈夫?
全人代が開幕 いまさら聞けない日本の中国依存度
金利上昇の懸念はあるが省エネ住宅は拡大へ
【気になるテーマ解説】 健康だけじゃない? アミノ酸の可能性
なんでも材料視する株式市場
多発する客テロ AIカメラに注目集まる
会話は人そのもの 話題の「ChatGPT」とは?
「超」高齢化社会の日本
金利に翻弄される銀行 金利の影響と債券の仕組み
出生数80万人割れへ 子育て関連株の行方は・・・
何かと注目される親子上場
【気になるテーマ解説】市場規模は無限大? 壮大な宇宙産業
【気になるテーマ解説】レベル4解禁! ドローンの普及で何が変わるのか
【気になるテーマ解説】成功率3万分の1? 新薬開発の過酷な道のり
【気になるテーマ解説】パワー半導体ってなんだ?
【気になるテーマ解説】「Web3.0」ってなんだ?

日本株情報部 アナリスト

畑尾 悟

2014年に国内証券会社へ入社後、リテール営業部に在籍。個人顧客向けにコンサルティング営業に携わり、国内証券会社を経て2020年に入社。「トレーダーズ・ウェブ」向けなどに、個別銘柄を中心としたニュース配信を担当。 AFP IFTA国際検定テクニカルアナリスト(CMTA)

畑尾 悟の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております