東野幸利のチャート道場

【東野幸利のチャート道場~村田製作所】

週明けの日経平均は大幅反落、下げ幅は一時900円に迫る場面も

週明けの日経平均は大幅反落となりました。安く寄り付いたあとも下値模索の展開となり、一時は下げ幅が900円に迫る場面がありました。先週末の米国市場では主要3指数は高安まちまち。一方、日銀金融政策決定会合のあとに開かれた植田日銀総裁の会見がタカ派的と受け止められ、金融引き締めへの警戒が再燃。欧州の政局不安でリスクオフの手仕舞い売りが下押し要因となりました。


東証プライム市場の売買代金は概算で3兆6,272億円。値上がり銘柄数336に対して、値下がり銘柄数は1264と値下がり優位の展開となりました。業種別では32業種が下落となり、特に不動産、石油・石炭製品、鉱業などの下げが目立ちました。一方、医薬品のみが上昇しました。


売買代金上位では、ディスコ(6146)や東京エレクトロン(8035)などの半導体関連中心に主力株が軒並み安となりました。アドバンテスト(6857)やソシオネクスト(6526)なども3%を超える下落率となり、三菱商事(8058)やトヨタ自動車(7203)が直近安値を更新。NTT(9432)は連日で年初来安値を更新しました。一方、太陽誘電(6976)や村田製作所(6981)などの電子部品の一角が上昇したほか、ソフトバンクG(9984)が後場の後半からプラスに転じました。


週足でみる村田製作所の株価推移

図表は、村田製作所(6981)の2019年10月旬からの週足のローソク足に加え、13週・26週・52週移動平均線を挿入したチャートです。



2021年1月高値(3,611.6円)からの下落波動は、大きな上げ下げを通じて高値を切り下げる展開が続きました。


一方、2023年1月安値(2,145.9円)からの上昇によって、2021年9月高値(3511.6円)から2022年6月高値(2,936.9円)を通る上値抵抗線の(A)を上回り、13週移動平均線が26週・52週移動平均線を上回るゴールデンクロスの強気シグナルが発生しました。


それによって、下落波動から安値を切り上げる上昇波動に変化した可能性が高まったことになります。


直近では、2023年1月安値(2,145.9円)を起点に2023年11月安値(2,461円)を通る下値支持線(A)からの上昇で、2021年1月高値を起点に2021年9月高値を通る上値抵抗線(B)を明確に上方にブレイクアウトする強気シグナルが発せられました。


それによって、2020年3月安値(1533.9円)を起点とする長期の上昇波動は、2023年1月安値を起点とする二段上げ目の上昇局面に入った可能性が高まりました。

このまま、2021年1月高値を超えることができれば、二段上げ目の上値余地を探る局面に入っていきます。


この連載の一覧
【東野幸利のチャート道場~住友不動産】
【東野幸利のチャート道場~ファーストリテイリング】
【東野幸利のチャート道場~トヨタ自動車】
【東野幸利のチャート道場~村田製作所】
【東野幸利のチャート道場~花王】
【東野幸利のチャート道場~メルカリ】
【東野幸利のチャート道場~ルネサスエレクトロニクス】
【東野幸利のチャート道場~信越化学工業】
【東野幸利のチャート道場~セガサミーHD】
【東野幸利のチャート道場~日経平均】
【東野幸利のチャート道場~ニデック】
【東野幸利のチャート道場~住友金属鉱山】
【東野幸利のチャート道場~安川電機】
【東野幸利のチャート道場~ソニーG】
【東野幸利のチャート道場~西武HD】
【東野幸利のチャート道場~ホンダ】
【東野幸利のチャート道場~リクルートHD】
【東野幸利のチャート道場~ソシオネクスト】
【東野幸利のチャート道場~オリエンタルランド】
【東野幸利のチャート道場~ソフトバンクG】
【東野幸利のチャート道場~三井不動産】
【東野幸利のチャート道場~日東電工】
【東野幸利のチャート道場~TOYO TIRE】
【東野幸利のチャート道場~安川電機】
【東野幸利のチャート道場~野村HD】
【東野幸利のチャート道場~高島屋】
【東野幸利のチャート道場~東京電力HD】
【東野幸利のチャート道場~ドル円】
【東野幸利のチャート道場~神戸物産】
【東野幸利のチャート道場~パナソニックHD】
【東野幸利のチャート道場~任天堂のその後を検証】
【東野幸利のチャート道場~SUBARU】
【東野幸利のチャート道場~武田薬品工業】
【東野幸利のチャート道場~ディスコ】
【東野幸利のチャート道場~任天堂】
【東野幸利のチャート道場~レーザーテック】
【東野幸利のチャート道場~三菱UFJフィナンシャルグループ】

日本株情報部 チーフストラテジスト

東野 幸利

証券会社情報部、大手信託銀行トレーダー、大手銀行などの勤務を経て2006年に入社。 マーケット分析やデリバティブ市場のコンテンツを担当。世界主要指数や個別株を対象にテクニカル・ストラテジーの提案。 日経CNBC「夜エクスプレス」、日経チャンネル「マーケッツのツボ」、テレビ東京「モーニングサテライト」、ラジオ日経(金曜後場マーケットプレス)など 会社四季報プロ500、ダイヤモンド・ザイ、日経マネー、株主手帳など 金融機関向けコラム「相場一点喜怒哀楽」 IFTA国際検定テクニカルアナリスト(MFTA) 日本テクニカルアナリスト協会理事 CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務) DCアドバイザー(確定拠出型年金教育・普及協会)

東野 幸利の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております