高配当株ウォッチャー

「INPEX」と「JT(日本たばこ産業株式会社)」の株は買ってはいけない? 政府保有銘柄は長期保有向きか?

日本専売公社という言葉をご存知でしょうか?1985年に民営化された現在のJT(日本たばこ産業株式会社)です。実はこの会社の大株主は政府になっています。


正確にいえば、財務大臣が約37%の株式を保有しており、同じような企業を調べてみると「INPEX」の銘柄が出てきました。こちらは経済産業大臣が、筆頭株主になっています。今回は政府が保有している銘柄は長期保有に向いているかどうかについて、紹介していこうと思います。


INPEX(1605)

株式会社INPEX(インペックス)は、埋蔵されている原油や天然ガスの調査から販売まで一貫して手がける企業です。具体的には、資源を見つけるところから始まり、その埋蔵量を調査、更に生産体制を整えている会社になります。


また掘り出した原油や天然ガスを取引先に販売し、エネルギー業界の一連の流れを全て行っており、近年は、アジアとオセアニア地域での開発と供給強化に取り組み、新たな需要の開拓を進めています。


2023年6月現在の株価は約1600円になっています。過去1年間の株価を見ると、1300円から1600円の間で推移しており、大きな変動はなく安定した印象です。前述の通り、筆頭株主は経済産業大臣で、2023年6月時点で約21%を保有しています。


INPEXの株主優待

株主優待の内容は変更される可能性もありますが、12月の年1回の権利確定月になっています。400株以上、かつ1年以上保有している株主にQUOカードが贈呈されます。例えば400株以上を1年以上保有している場合では年間1000円相当となりますので、詳しくは下記のイラストをご覧ください。


また100株以上保有で、新潟県直江津にあるLNG基地の見学に申し込みができます。こちらの優待は6月と12月の年2回実施されています。



株主優待の注意点

購入単元数は100株からですが、QUOカードが受け取れる優待は400株ですので、ご注意ください。


INPEXの利回り

配当金がもらえる基準日は6月と12月の年2回です。前期の2022年には6月の中間配当は30円、12月の期末配当も32円で年間62円となっていました。今期の中間配当は32円と予想されており、期末も同様で年間64円の増配になる見込みです。


例えば1株1600円で100株購入した場合、投資資金は16万円ほど必要となり年間で受け取れる配当金は6400円になり、配当金のみの利回りは約4.0%になります。株主優待を加味した総合利回りでは、400株1年保有の場合で約4.2%となり、3年以上保有している場合では約4.5%となります。



INPEXの将来性

INPEXは探鉱から生産、そして販売まで一貫して手掛けており、この分野の参入障壁が高く、安定した事業を行っている要素が大きい印象です。エネルギー需要が急速に増えているアジアとオセアニア地域で事業展開を進める機会に恵まれています。


株主の視点からも高い配当と2020年度から現在に至るまでの連続増配はとても魅力的に映りますので、長期保有で安定した株主還元を期待したい銘柄になります。


ネガティブな面を見れば、前期は2.3兆円の売上高に対して、今期は2兆円を割り込む減収の見込みです。大きな変動を見せない株価ですが、数ヶ月単位で小さな波がありますので、できれば1400円から1500円台の株価をターゲットに検討してみてはいかがでしょうか?



JT/日本たばこ産業(2914)

日本たばこ産業株式会社(JT)は、その会社名の通り、たばこ製品の製造・販売を手がける会社で、世界第3位のたばこメーカーです。昨今の日本のたばこ離れの影響を受けている部分もありますが、実は海外の売上構成比率が高く「海外たばこ事業」だけで、1兆5000億円と約66%を占めています。


またJTは、たばこ事業だけでなく、医薬品の抗HIV薬研究開発・製造・販売を行っています。一方で、加工食品事業も手がけており、冷凍食品や調味料などの製造・販売など、多種多様な製品を供給しています。


2023年6月現在の株価は約3200円になっています。権利月の翌月1月は2500円台でしたが、現在は約30%の株価が上昇しています。配当利率の高い銘柄は権利月の直後は暴落しやすいのですが、過去5年間の推移をみても、現在の株価はかなり高い水準に戻っている印象です。こちらも前述の通り、筆頭株主は財務大臣になっており、約37%の株式を保有しています。


JTの株主優待

大変残念ながら、2022年12月分で株主優待制度が廃止されました。それ以前は「冷凍うどんセット(10食分)」もしくは「冷凍お好み焼きセット(6食分)」が贈呈されていました。


JTの利回り

配当金がもらえる基準日は6月と12月の年2回です。前期の2022年には6月の中間配当は75円、12月の期末配当は113円で年間188円となっていました。今期の中間配当は94円に増額されますが、期末も同額予想となり年間188円と配当額は維持される見込みです。


例えば1株3200円で100株購入した場合、投資資金は32万円ほど必要となり年間で受け取れる配当金は18800円になり、配当金の利回りは約5.9%になります。株主優待はないもののかなりの高利回りの銘柄になっています。



JTの将来性

JTはたばこ事業で世界約130カ国以上でビジネスを展開しており、安定した収益を生み出す構造を持っていることが特徴となっています。ただし、たばこ事業は規制環境の影響を受けやすく、製品に対する健康への懸念や、ニコチン製品に対する規制強化など、ビジネスに影響を及ぼす可能性があることも留意しておかなければなりません。


一方で、医薬品や加工食品の製造・販売の分野など、多様な事業展開を行っており、たばこ市場の変動に対する影響を緩和する一面を持ち合わせています。


高い配当を継続的に株主還元してくれている点は魅力的な要素になりますが、直近の株価の高騰が一時的なものなのか、それとも継続的な上昇を期待できるのか、判断が必要になるかと思います。



まとめ

政府保有銘柄を投資対象として考える場合、その安定した経営と高い配当は長期保有に適していると言えます。特に今回紹介した2銘柄はその特徴を持ち合わせていますが、政府が財政の政策としてこれらの銘柄を売却する場合があり、その結果、株価が大きく動く可能性もあります。これらの銘柄を投資対象とする際には、定期的にニュースをチェックし、需給面の動向には留意する必要があるでしょう。

この連載の一覧
【高配当】5%超えを狙え!「パイオラックス」と「東洋機械金属」の配当金はいつ貰えるのか
「オンワードホールディングス」「ワールド」は高配当利回りだけじゃない!株主優待もあるおしゃれ優良銘柄について
「オークワ」「アレンザホールディングス」の高配当がやばい!? 今期の配当と優待について解説します
高配当の「ヨンドシーホールディングス(4℃)」と「バロックジャパンリミテッド」は炎上するのか?嫌われている理由について解説
【高配当】バーバリーショックから復活した「三陽商会」と「チヨダ」は投資チャンスなのか検証してみた
高配当株・ETFのデメリットやリスクとは?体験談も!購入前に知っておこう
新NISA対象の東証高配当ETF4選を紹介!
【高配当】100年以上の歴史がある「東海カーボン」と「岡部」の隠れ優秀銘柄を解説します
【高配当】利回り4%が狙える「ニチリン」と「キッツ」の工業系は安定銘柄なのか解説します
【高配当】増配の「マブチモーター」と「美樹工業」の株主優待も超優秀の内容
潰れない黄金株「INPEX」と「内外トランスライン」はなぜ高配当を維持できるのか解説します
4%超えの高配当「エプコ」と「デイトナ」は今が狙い目!?株主優待も楽しめる銘柄を紹介
【高配当】「ヒューリック」と「青山財産ネットワークス」の不動産関連銘柄は業績右肩上がり!今期は増配達成できるのか?
【高配当】「東邦レマック」と「ルックホールディングス」は今期4%を目指せるのか!?
【高配当】「ローランド ディー.ジー.」と「アウトソーシング」の増配は今期は期待できるか検証します
利回り4%が狙える高配当銘柄「CARTA HOLDINGS」と「ダイキアクシス」について解説
【長期保有】「リンナイ」「リコーリース」は連続増配中で安定銘柄なのか検証してみた
初心者必見!長期保有におすすめ「日清紡HD」と「信越化学工業」の高配当銘柄を徹底解説します
4%の利回りが狙える「三菱ガス化学」と「住友倉庫」は長期保有におすすめの安定した高配当銘柄
高配当銘柄の「サムティ」と「サーラコーポレーション」の株主優待は改悪で使えない?利回りが高ければ問題ないか検証してみた
【高配当】4%利回りを狙える「ファーストコーポレーション」「インターアクション」は安心の銘柄なのか解説します
5%超え高配当の建築系銘柄「タマホーム」と「オオバ」はどうなる?業績悪化の影響はあるのか?
長期保有におすすめ!「アルフレッサ」と「サンドラッグ」の増配はどこまで続くのか?高配当銘柄について解説
【長期保有】日本を代表する「武田薬品工業」「塩野義製薬」の医薬系銘柄はやっぱり手堅い!?
【高配当】3%を目指せる「日本ハウスホールディングス」と「カナモト」は減配が続く?業績と株価について解説します
「ファースト住建」と「東建コーポレーション」は高配当銘柄? 株主優待の改悪についても解説します
【高配当】隠れた高利回り銘柄「萩原工業」「グリーンクロス」の工業関係銘柄について解説
【高配当】連続増配の「泉州電業」「巴工業」は大化けの予感!?工業製品系の銘柄は手堅いのか検証してみた
「クボタ」と「コマツ」は長期保有は初心者におすすめ!?建機メーカーの安定銘柄について解説
「川崎汽船」と「三井松島HD」は危ない!?長期保有におすすめ銘柄から陥落するのか?
長期保有の有名銘柄「日本ガイシ」「沖縄セルラー電話」は本当にその価値があるのか検証してみた
高配当株ガイド「上新電機」と「オリックス」は野球ファンにもおすすめ銘柄について解説します
安定の3%超え配当「SUBARU」と「ブリヂストン」の自動車関連メーカーは長期保有におすすめ銘柄
4%越えの高配当を狙え!「商船三井」と「ベリテ」の投資初心者におすすめ銘柄について解説
初心者でも大丈夫?高配当株投資で利益を出す3つのポイントと注意点を解説
【高配当】「オートバックス」と「イエローハット」のカー用品企業は3%超えの安定銘柄なのか!?
【長期保有銘柄】「三菱HCキャピタル」と「東京海上HD」はどちらが手堅い銘柄か解説します
【長期保有銘柄】「花王」と「小林製薬」は買うべき?長期保有の価値はあるのか検証してみた
株主優待活用術!「メガネのJINS」と「西松屋」でお得にライフスタイルを上げていこう!
おしゃれに嬉しい高配当銘柄「三陽商会」と「バロックジャパンリミテッド」はどちらがお得!?
【高配当】「明光義塾」と「スタジオアリス」の子育て銘柄がおすすめの理由を解説します
高配当銘柄の詳細ガイド「AVANTIA」と「シー・ヴイ・エス・ベイエリア」隠れた優秀銘柄を解説
「INPEX」と「JT(日本たばこ産業株式会社)」の株は買ってはいけない? 政府保有銘柄は長期保有向きか?
長期保有の優良銘柄「KDDI(au)」と「ソフトバンク」の株価は今後どうなる?カタログギフトも貰える銘柄について解説します
「三井住友フィナンシャルグループ」「三菱UFJフィナンシャルグループ」の株価はなぜ安い?長期保有に向いているのかを解説します
「三井物産」「伊藤忠商事」は長期保有におすすめの銘柄!初心者投資家はまずこの銘柄を押さえてみよう
【長期保有銘柄】「アステラス製薬」と「大塚ホールディングス」株式は長期保有する価値はあるのか検証してみた
【高配当】「テォーオーダブリュー」と「CARTA HOLDINGS」は利回り4%を超えるのか?2つの優良銘柄の特徴を解説します
高配当「クラレ」と「ヤマハ発動機」の有名銘柄はやっぱり手堅い!?初心者向きの2つの銘柄について説明します
「青山財産」と「東邦レマック」は高配当銘柄の常連!?2つの銘柄の特徴をご紹介!
【高配当】「東洋インキ」と「DIC」はどっちがお得?2つの化学系銘柄を比較してみた
【高配当】「エプコ」と「And Doホールディングス」の高配当銘柄について解説します!
【高配当】高配当「ムゲンエステート」と「日本エスコン」の不動産関連は手堅い銘柄なのか!?
【長期保有銘柄】「三菱商事」はバフェットも注目!おすすめ長期保有銘柄について解説します
高配当ランキング2トップの「タマホーム」と「瑞光」は金券も貰える高配当銘柄!
3%越え高配当銘柄!「住江織物」と「TAKARA&COMPANY」を調査してみた!
【高配当】「毎日コムネット」と「日本毛織」は10万円以下で始められる初心者向け銘柄!
高配当で食事券付き!「テンポスホールディングス(ステーキのあさくま)」と「ニイタカ」で外食を楽しもう!
【高配当】「東建コーポレーション」と「トーシンホールディングス」はどっちがお得?2つの銘柄を比較してみた!
高配当×株主優待でキレイをGet!「ヤーマン」と「ビューティガレージ」は女性必見の美容銘柄!
高配当&株主優待が狙い目!「Hamee」と「アイ・ケイ・ケイホールディングス」の特徴をご紹介!
3月決算の高配当株で株主優待ももらえるスクロールとパイオラックスをご紹介
【高配当】3月決算で利回り8%超えの超注目株「三井松島」と「NSユナイテッド海運」
高配当株の日本郵政とゆうちょ銀行の2銘柄について特徴と違いを徹底分析!
高配当で株主優待ももらえる外食チェーン「クリエイトレストランツ」と「コロワイド」とは
10万円以下で始められる高配当株はコニカミノルタと三菱UFJを要チェック!
株主優待と高配当をダブルゲットのおすすめ2銘柄!池田泉州とキリンについてご紹介します
オリックスとソフトバンクは高配当銘柄でも大活躍!おすすめポイントを詳しく解説
【高配当】「エネオス」と「出光興産」の2銘柄、おすすめレベルを比較してみた
少ない金額でもできる株式投資
高配当株狙うなら不動産業界に注目!ケイアイスター不動産とフージャースをご紹介
【高配当】ランキングトップ常連!日本郵船と商船三井の特徴、どっちが得なの?

「いまから」 編集部

カジュアルな投資情報メディア「いまから投資」の企画・運営を行っています。「いまから! これから! いまさら?」投資や資産運用をはじめる人にわかりやすいコンテンツを提供します。お金や暮らしにまつわる幅広い情報もわかりやすくお伝えします。

「いまから」 編集部の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております