FX 誰にでもわかるチャート教室

第15回「誰にでもわかるチャート教室」 サイコロジカル・ライン

今回紹介するオシレーター系指標は「サイコロジカル・ライン」です。サイコロジカルの名前の通り「心理的な」状況を示す、日本生まれのオシレーター系指標となります。


相場の過熱感をシンプルに表現

サイコロジカル・ラインは終値ベースである一定期間のうち、上昇した日数が何%を示しているか示したもので、計算式もいたってシンプル。


サイコロジカル・ライン = n日間のうち前日比で上昇した日数 ÷ n × 100


上記の計算式で使用している「n」は任意のパラメーターであり、自由に設定が可能です。一般的には12などが使用されます。

サイコロジカル・ラインの基礎となっている考え方は投資家心理です。前日から上昇した日が続けば続くほど、投資家心理としては「そろそろ下がるだろう」との考え方が頭をもたげます。逆の場合も同じで相場の下落が続けば「そろそろ持ち直すだろう」との判断が広がりやすくなります。


こうした投資家心理を指数化することで相場の強弱感や買い場、売り場を見極めようとするもので、一般的には数値が75%以上で過熱感が強く、下落する可能性が高いと判断数値が25%以下で相場が冷え込んでおり、反発する可能性が高いと判断します。

n=12日間で前日比上昇を勝ち、前日比下落を負けとするならば、9勝3敗が75%ライン、3勝9敗が25%ラインということになりますね。


サイコロジカル・ラインが相場の先行指標に

前述したようにサイコロジカル・ラインは非常にシンプルで分かりやすいのが特徴。また、傾向としてサイコロジカル・ラインの方が実際の相場よりも早めにピーク・ボトムをつけやすく、相場の反転が予想されるという判断も可能です。



上図はドル円の日足チャート。下部に「n=12日」としたサイコロジカル・ラインが加えてあります。実際の相場よりも多くの場面でサイコロジカル・ラインがピーク・ボトムを早くつけていることがお分かりいただけると思います。


サイコロジカル・ラインの弱点 RSIとの違いとは?

このように相場の過熱感を分かりやすく判断できるサイコロジカル・ラインですが、終値を基準に前日比で上昇したか下落したかのみを判断基準とするため、相場の値幅を全く考慮していないという弱点も持っています。


例として挙げるならば、ドル円が前日比で3円上昇していようとも、3銭の上昇でしかなくても、サイコロジカル・ラインの考え方では同じ1勝ということになります。投資家心理からすれば3円の大幅上昇であれば、1日の上げ幅だけで判断しても「買われ過ぎ」と捉える方も多いかもしれませんが、サイコロジカル・ラインからは判断できません。


これに対して相場の値幅を材料に相場の過熱感を判断したものが、以前に紹介したRSIです。RSIは逆に上昇・下落した日数は考慮されていません。どちらが優秀ということではなく、複数のオシレーター系指標を駆使して相場の強弱感は判断したいところです。

この連載の一覧
第84回 ランド円、上昇トレンドは本物か
第83回 メキシコペソ円、レンジブレイクのチャンス到来
第82回 ユーロドル、レンジ相場脱却の手掛かりは乏しい
第81回 トルコリラ円、昨年8月以来のチャンスをものにできるか
第80回 ドル円、上昇トレンドを維持も上値追いは慎重に
第79回 NZドル米ドル、長期下落トレンドのブレイクは失敗か
第78回 豪ドル米ドル、依然として下落トレンド
第77回 ポンド円、来年以降の下値リスクに警戒
第76回 ランド円、ヘッドアンドショルダーズの可能性高まる
第75回 メキシコペソ円、レンジ相場がしばらく継続か
第74回 ユーロドル、メインシナリオはレンジ相場
第73回 ドル円、ポイントは一目均衡表雲の維持
第72回 低迷ぶりが際立つトルコリラ円、反発の可能性は?
第71回 豪ドル円、上値トライのチャンスだが力強さを欠く
第70回 NZドル円、いよいよ過去最高値も視野入りか
第69回 ユーロ円、月足チャートでは不安なし 週足では?
第68回 ポンドドル、一目雲に接近で正念場に
第67回 ランド円、ヘッドアンドショルダーズの懸念消えず
第66回 NZドル米ドルに反発のチャンス到来?
第65回 好調なメキシコペソ円に失速の気配
第64回 ドル円、150円台までは介入の可能性低い
第63回 カナダドル円、110円台への再挑戦が迫る
第62回 リラ円、一目雲を数年来上抜けできず
第61回 今後の豪ドル米ドル相場
第60回 今後のユーロドル相場
第59回 今後のポンドドル相場
第58回 今後のランド円相場
第57回 今後のNZドル円相場
第56回 今後のドル円相場
第55回 今後のメキシコペソ円相場
第54回 今後のトルコリラ円相場
第53回 今後の豪ドル円相場
第52回 今後のNZドル米ドル相場
第51回 今後のユーロドル相場
第50回 今後のユーロ円相場
第49回 今後の豪ドル米ドル相場
第48回 今後のポンド円相場
第47回 今後のドル円相場
第46回 今後のランド円相場
第45回 今後のトルコリラ円相場
第44回 今後のNZドル円相場
第43回 今後のメキシコペソ円相場
第42回 今後のユーロドル相場
第41回 今後の豪ドル円相場
第40回 今後のドル円相場
第39回 ダウ理論とエリオット波動(3)
第38回 ダウ理論とエリオット波動(2)
第37回 ダウ理論とエリオット波動(1)
第36回 ローソク足(3)
第35回 ローソク足(2)
第34回 ローソク足(1)
第33回 一目均衡表(4)
第32回 一目均衡表(3)
第31回 一目均衡表(2)
第30回 一目均衡表(1)
第29回 リトレースメント
第28回 避けられるリスク(その他の国編)
第27回 避けられるリスク(英国・オセアニア編)
第26回 避けられるリスク(日本・欧州編)
第25回「誰にでもわかるチャート教室」 避けられるリスク(米国編)
第24回「誰にでもわかるチャート教室」 ポイント&フィギュア
第23回「誰にでもわかるチャート教室」 練行足とカギ足
第22回「誰にでもわかるチャート教室」 新値足
第21回「誰にでもわかるチャート教室」 パラボリック
第20回「誰にでもわかるチャート教室」 エンベロープとボリンジャーバンド
第19回「誰にでもわかるチャート教室」 MACD
第18回「誰にでもわかるチャート教室」 ROC
第17回「誰にでもわかるチャート教室」 突発的な急変動に対処する
第16回「誰にでもわかるチャート教室」 DMI
第15回「誰にでもわかるチャート教室」 サイコロジカル・ライン
第14回「誰にでもわかるチャート教室」 RCI
第13回「誰にでもわかるチャート教室」 ストキャスティクス
第12回「誰にでもわかるチャート教室」 RSI
第11回「誰にでもわかるチャート教室」 時間軸の考え方
第10回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その4
第9回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その3
第8回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その2
第7回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その1
第6回「誰にでもわかるチャート教室」 移動平均線~その2
第5回「誰にでもわかるチャート教室」 移動平均線~その1
第4回「誰にでもわかるチャート教室」チャネルラインと外国為替市場の独自性
第3回「誰にでもわかるチャート教室」相場の方向性が一目瞭然、トレンドライン
第2回「誰にでもわかるチャート教室」相場のトレンドを探る
第1回「誰にでもわかるチャート教室」 相場が不安定だからこそ、チャート分析に頼りたい

為替情報部 アナリスト

岩間 大祐

大学卒業後の2004年に国内証券会社に入社。 外国為替証拠金取引業務に携わった後、金融情報サービス会社にて個人投資家向けの為替情報配信業務を担当。市況サービスのほか、テクニカル分析を軸にした情報を配信する。 国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。

岩間 大祐の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております