FX 誰にでもわかるチャート教室

第24回「誰にでもわかるチャート教室」 ポイント&フィギュア

今回も非時系のテクニカル指標について紹介していきます。「新値足」、「練行足」、「カギ足」に続いて、今回は「ポイント&フィギュア」の解説です。海外を中心に人気のトレンド分析指標ですね。


ポイント&フィギュアの記入方法

ポイント&フィギュアでもまず初めに決めなければいけないのが、一定の値幅。ポイント&フィギュアはグラフ用紙のマス目の中に記入していくことになりますので、この一定の値幅を「枠」と呼びます。この1枠の値幅をいくらにするか決める必要があるわけです。


枠が決まったら今度はチャートの描き方です。ポイント&フィギュアでは上昇を「×」、下落を「○」で表記していきます。


例えばドル円で枠を1円とした場合、

・初日、140.00円から141.15円まで上昇したとすると、140円と141円の「枠」に×を記入。

・2日目、141.65円まで上昇した場合、「1枠分」に満たないのでチャートには何も記入しません。

※一定の値幅に満たない場合は無視するという考え方は「新値足」や「練行足」と同様です。

・3日目、143.15円まで上昇した場合、142円と143円の「枠」に×を記入。

といった流れでチャートを追加していきます。


では、反転した際の対応はどうでしょうか。ポイント&フィギュアには転換ルールと呼ばれる枠数があります。任意で設定できるパラメーターではありますが、ほとんどの場合は「3枠」というのが共通認識です。

チャート上では反転した際に隣の列に移行します。また、そのまま真横に記入するのではなく、1枠空けてから記入するというルールがあることも覚えておきましょう。


先ほどのドル円、「1枠=1円」の例で見てみましょう。

・4日目、139.65円まで下落した場合、隣の列に移動後142円と141円、140円の「枠」に○を記入。

※ここで注意するポイントは隣の列に移動後、前列の真横に当たる143円の「枠」には記入しないこと。さらにその枠を除いて反転するには「3枠」分の価格変動が必要ということです。当然ですが、「3枠」分の反転に満たなかった場合は隣の列に移行することもありません。


ポイント&フィギュアでの売買シグナル

それでは実際にポイント&フィギュアのチャートを見ていきましょう。下図はユーロ円のチャート。「枠は0.5円」の設定になっています。



ポイント&フィギュアの基本的な使い方は、上昇局面の場合では直前の上昇局面の×印を上回った際を買いシグナルとします。これをダブルトップと呼び、チャート上では赤丸部分が該当します。

また、これとは反対に下降局面の場合では直前の下降局面の○印を下回った際が売りシグナルです。これをダブルボトムと呼び、チャート上では青丸部分が該当します。


さらに直前だけではなく、もう一つ前の上昇時の×印を上回った際も買いシグナルとなり、これをトリプルトップと呼びます。チャート上では緑丸部分です。反対のケースですとトリプルボトムですね。


このほかにもポイント&フィギュア上でトレンドラインを引いた分析手法、以前に紹介したフォーメーションを利用した売買方法も可能です。色々な工夫をしながらトレンドの方向・転換を探ってみましょう。


この連載の一覧
第84回 ランド円、上昇トレンドは本物か
第83回 メキシコペソ円、レンジブレイクのチャンス到来
第82回 ユーロドル、レンジ相場脱却の手掛かりは乏しい
第81回 トルコリラ円、昨年8月以来のチャンスをものにできるか
第80回 ドル円、上昇トレンドを維持も上値追いは慎重に
第79回 NZドル米ドル、長期下落トレンドのブレイクは失敗か
第78回 豪ドル米ドル、依然として下落トレンド
第77回 ポンド円、来年以降の下値リスクに警戒
第76回 ランド円、ヘッドアンドショルダーズの可能性高まる
第75回 メキシコペソ円、レンジ相場がしばらく継続か
第74回 ユーロドル、メインシナリオはレンジ相場
第73回 ドル円、ポイントは一目均衡表雲の維持
第72回 低迷ぶりが際立つトルコリラ円、反発の可能性は?
第71回 豪ドル円、上値トライのチャンスだが力強さを欠く
第70回 NZドル円、いよいよ過去最高値も視野入りか
第69回 ユーロ円、月足チャートでは不安なし 週足では?
第68回 ポンドドル、一目雲に接近で正念場に
第67回 ランド円、ヘッドアンドショルダーズの懸念消えず
第66回 NZドル米ドルに反発のチャンス到来?
第65回 好調なメキシコペソ円に失速の気配
第64回 ドル円、150円台までは介入の可能性低い
第63回 カナダドル円、110円台への再挑戦が迫る
第62回 リラ円、一目雲を数年来上抜けできず
第61回 今後の豪ドル米ドル相場
第60回 今後のユーロドル相場
第59回 今後のポンドドル相場
第58回 今後のランド円相場
第57回 今後のNZドル円相場
第56回 今後のドル円相場
第55回 今後のメキシコペソ円相場
第54回 今後のトルコリラ円相場
第53回 今後の豪ドル円相場
第52回 今後のNZドル米ドル相場
第51回 今後のユーロドル相場
第50回 今後のユーロ円相場
第49回 今後の豪ドル米ドル相場
第48回 今後のポンド円相場
第47回 今後のドル円相場
第46回 今後のランド円相場
第45回 今後のトルコリラ円相場
第44回 今後のNZドル円相場
第43回 今後のメキシコペソ円相場
第42回 今後のユーロドル相場
第41回 今後の豪ドル円相場
第40回 今後のドル円相場
第39回 ダウ理論とエリオット波動(3)
第38回 ダウ理論とエリオット波動(2)
第37回 ダウ理論とエリオット波動(1)
第36回 ローソク足(3)
第35回 ローソク足(2)
第34回 ローソク足(1)
第33回 一目均衡表(4)
第32回 一目均衡表(3)
第31回 一目均衡表(2)
第30回 一目均衡表(1)
第29回 リトレースメント
第28回 避けられるリスク(その他の国編)
第27回 避けられるリスク(英国・オセアニア編)
第26回 避けられるリスク(日本・欧州編)
第25回「誰にでもわかるチャート教室」 避けられるリスク(米国編)
第24回「誰にでもわかるチャート教室」 ポイント&フィギュア
第23回「誰にでもわかるチャート教室」 練行足とカギ足
第22回「誰にでもわかるチャート教室」 新値足
第21回「誰にでもわかるチャート教室」 パラボリック
第20回「誰にでもわかるチャート教室」 エンベロープとボリンジャーバンド
第19回「誰にでもわかるチャート教室」 MACD
第18回「誰にでもわかるチャート教室」 ROC
第17回「誰にでもわかるチャート教室」 突発的な急変動に対処する
第16回「誰にでもわかるチャート教室」 DMI
第15回「誰にでもわかるチャート教室」 サイコロジカル・ライン
第14回「誰にでもわかるチャート教室」 RCI
第13回「誰にでもわかるチャート教室」 ストキャスティクス
第12回「誰にでもわかるチャート教室」 RSI
第11回「誰にでもわかるチャート教室」 時間軸の考え方
第10回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その4
第9回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その3
第8回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その2
第7回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その1
第6回「誰にでもわかるチャート教室」 移動平均線~その2
第5回「誰にでもわかるチャート教室」 移動平均線~その1
第4回「誰にでもわかるチャート教室」チャネルラインと外国為替市場の独自性
第3回「誰にでもわかるチャート教室」相場の方向性が一目瞭然、トレンドライン
第2回「誰にでもわかるチャート教室」相場のトレンドを探る
第1回「誰にでもわかるチャート教室」 相場が不安定だからこそ、チャート分析に頼りたい

為替情報部 アナリスト

岩間 大祐

大学卒業後の2004年に国内証券会社に入社。 外国為替証拠金取引業務に携わった後、金融情報サービス会社にて個人投資家向けの為替情報配信業務を担当。市況サービスのほか、テクニカル分析を軸にした情報を配信する。 国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。

岩間 大祐の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております