FX 誰にでもわかるチャート教室

第37回 ダウ理論とエリオット波動(1)

今回からは「ダウ理論」と「エリオット波動」について解説していきます。類似点などもあり、両方とも相場分析などでもよく利用されますので理解を深めていきましょう。


ダウ理論

「ダウ理論」は米国のアナリストであったチャールズ・ダウ氏が発表した分析理論です。株式相場で利用された理論ではありますが、外国為替市場でも生かせるものですので、順番に見ていきます。


(1)価格は全ての事象を織り込む

外国為替市場で材料視される金融政策などのファンダメンタルズを含めてすべての事象はチャート上の値動きに織り込まれ、反映されているという考えです。この考え方を基にチャート分析を行うとすれば、チャート分析の重要度もおのずと高まりますね。


(2)トレンドは3種類

1年以上の周期をもつ「長期トレンド」、3週間から数カ月の周期をもつ「中期トレンド」、数日間程度の「短期トレンド」が相場にはあるとされています。


(3)長期トレンドには3つの局面がある

第1局面:先行投資家が買い始める時期で相場の上昇は穏やか

第2局面:追随投資家が買いを入れる時期。市場全体が追随することで相場も堅調に推移します。

第3局面:一般投資家が買いを入れる時期。相場はすでに過熱気味で、先行投資家などは利益確定を行います。

こうした3つの局面を経てトレンドが転換するという流れです。上では強気市場における局面を示しましたが、同様に弱気市場でも3つの局面があります。


(4)平均は相互に確認されなければならない

ダウ氏はこれを工業株平均と運輸株平均で考えましたが、外国為替市場で言えば相関性の高い通貨ペアなどで動きを確認することが重要ということになります。相関性が高いであろう通貨ペアが同一方向に動いて入ればトレンドの精度も高いが、異なる動きであればトレンド判断も慎重になるべき、いうことです。


為替市場分析では生かしづらいものも

(5)トレンドは出来高でも確認されなければならない

ダウ理論ではトレンド判断の際に出来高を重要視します。ただ、外国為替市場では出来高の把握が困難ということもあり、こちらは有効活用しづらいです。


(6)トレンドは転換が決定的になるまで続くと判断するべき

トレンド転換のシグナルが明確になるまでは現在のトレンドを継続することが重要としています。トレンド転換が明確になる前に早まった売買をするより、明確なトレンド転換を確認してから動く方が結果的に多くの利益を得ることができるという考えです。チャート分析を行う際にはついついトレンドの転換を早く探ろうとしてしまいがちですが、一呼吸置いてからの方が良いことは多々あります。


(7)横ばいは訂正運動に変わることがある

相場の横ばい(保ち合い)が続いた後、どちらかの方向に放れることで新しいトレンドができますが、一般的に横ばいの期間が長ければ長いほど、その後のトレンドの勢いは強くなります


(8)終値を重視

終値は1日の動きを最終的に集約した値なので、翌日以降の投資行動にも大きな影響を与える。ゆえに終値が最も重要とされています。株式相場などでは終値が重視される傾向が大きいように思います。外国為替市場でもある程度は当てはまると思いますが、チャート分析の際には日中の高値や安値なども重要視されますので、多少は割引いて考える必要がありそうです。


以上が「ダウ理論」の概要です。この中でも(2)や(3)の部分は「エリオット波動」でも類似した考え方が出てきます。次回は「エリオット波動」について解説していきます。

この連載の一覧
第84回 ランド円、上昇トレンドは本物か
第83回 メキシコペソ円、レンジブレイクのチャンス到来
第82回 ユーロドル、レンジ相場脱却の手掛かりは乏しい
第81回 トルコリラ円、昨年8月以来のチャンスをものにできるか
第80回 ドル円、上昇トレンドを維持も上値追いは慎重に
第79回 NZドル米ドル、長期下落トレンドのブレイクは失敗か
第78回 豪ドル米ドル、依然として下落トレンド
第77回 ポンド円、来年以降の下値リスクに警戒
第76回 ランド円、ヘッドアンドショルダーズの可能性高まる
第75回 メキシコペソ円、レンジ相場がしばらく継続か
第74回 ユーロドル、メインシナリオはレンジ相場
第73回 ドル円、ポイントは一目均衡表雲の維持
第72回 低迷ぶりが際立つトルコリラ円、反発の可能性は?
第71回 豪ドル円、上値トライのチャンスだが力強さを欠く
第70回 NZドル円、いよいよ過去最高値も視野入りか
第69回 ユーロ円、月足チャートでは不安なし 週足では?
第68回 ポンドドル、一目雲に接近で正念場に
第67回 ランド円、ヘッドアンドショルダーズの懸念消えず
第66回 NZドル米ドルに反発のチャンス到来?
第65回 好調なメキシコペソ円に失速の気配
第64回 ドル円、150円台までは介入の可能性低い
第63回 カナダドル円、110円台への再挑戦が迫る
第62回 リラ円、一目雲を数年来上抜けできず
第61回 今後の豪ドル米ドル相場
第60回 今後のユーロドル相場
第59回 今後のポンドドル相場
第58回 今後のランド円相場
第57回 今後のNZドル円相場
第56回 今後のドル円相場
第55回 今後のメキシコペソ円相場
第54回 今後のトルコリラ円相場
第53回 今後の豪ドル円相場
第52回 今後のNZドル米ドル相場
第51回 今後のユーロドル相場
第50回 今後のユーロ円相場
第49回 今後の豪ドル米ドル相場
第48回 今後のポンド円相場
第47回 今後のドル円相場
第46回 今後のランド円相場
第45回 今後のトルコリラ円相場
第44回 今後のNZドル円相場
第43回 今後のメキシコペソ円相場
第42回 今後のユーロドル相場
第41回 今後の豪ドル円相場
第40回 今後のドル円相場
第39回 ダウ理論とエリオット波動(3)
第38回 ダウ理論とエリオット波動(2)
第37回 ダウ理論とエリオット波動(1)
第36回 ローソク足(3)
第35回 ローソク足(2)
第34回 ローソク足(1)
第33回 一目均衡表(4)
第32回 一目均衡表(3)
第31回 一目均衡表(2)
第30回 一目均衡表(1)
第29回 リトレースメント
第28回 避けられるリスク(その他の国編)
第27回 避けられるリスク(英国・オセアニア編)
第26回 避けられるリスク(日本・欧州編)
第25回「誰にでもわかるチャート教室」 避けられるリスク(米国編)
第24回「誰にでもわかるチャート教室」 ポイント&フィギュア
第23回「誰にでもわかるチャート教室」 練行足とカギ足
第22回「誰にでもわかるチャート教室」 新値足
第21回「誰にでもわかるチャート教室」 パラボリック
第20回「誰にでもわかるチャート教室」 エンベロープとボリンジャーバンド
第19回「誰にでもわかるチャート教室」 MACD
第18回「誰にでもわかるチャート教室」 ROC
第17回「誰にでもわかるチャート教室」 突発的な急変動に対処する
第16回「誰にでもわかるチャート教室」 DMI
第15回「誰にでもわかるチャート教室」 サイコロジカル・ライン
第14回「誰にでもわかるチャート教室」 RCI
第13回「誰にでもわかるチャート教室」 ストキャスティクス
第12回「誰にでもわかるチャート教室」 RSI
第11回「誰にでもわかるチャート教室」 時間軸の考え方
第10回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その4
第9回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その3
第8回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その2
第7回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その1
第6回「誰にでもわかるチャート教室」 移動平均線~その2
第5回「誰にでもわかるチャート教室」 移動平均線~その1
第4回「誰にでもわかるチャート教室」チャネルラインと外国為替市場の独自性
第3回「誰にでもわかるチャート教室」相場の方向性が一目瞭然、トレンドライン
第2回「誰にでもわかるチャート教室」相場のトレンドを探る
第1回「誰にでもわかるチャート教室」 相場が不安定だからこそ、チャート分析に頼りたい

為替情報部 アナリスト

岩間 大祐

大学卒業後の2004年に国内証券会社に入社。 外国為替証拠金取引業務に携わった後、金融情報サービス会社にて個人投資家向けの為替情報配信業務を担当。市況サービスのほか、テクニカル分析を軸にした情報を配信する。 国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。

岩間 大祐の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております