FX 誰にでもわかるチャート教室

第4回「誰にでもわかるチャート教室」チャネルラインと外国為替市場の独自性

前回はトレンドラインからトレンドの継続・転換のタイミングを学んできましたが、今回はトレンドラインの付加要素であるチャネルラインについてお話していきます。


チャネルラインの引き方

まずは、安値同士を結んだサポートラインを引いてみましょう。下図は前回に使用したドル円のチャートになりますが、チャネルラインとは節目となる高値を起点として、サポートラインと並行に引いた線のことを意味します。

同様に高値同士を結んで引いたレジスタンスラインの場合は、節目となる安値を起点として、レジスタンスラインと並行に引いた線となります。



チャネルラインの主な使用手段はトレンドラインをベースに建てたポジションを手仕舞う際の目標値、もしくは短期的に逆のポジションを持つ際の目標値です。

チャネルラインを利用することで、4月末の高値をロングポジションの利益確定を入れる水準、または短期的なショートで参入する水準として利用することができました。


その一方で、当然ながら3月後半の高値を起点としたチャネルラインも引けるのでは?という疑問も生じると思います。

その通りでして、チャネルラインもトレンドラインと同様に複数引くことが可能です。トレンドラインを元に機械的に決まるラインであるため、チャネルラインは複数引いたうえで、より多くの節目が接近するラインを選別する必要があるとされています。


外国為替市場ならではの特徴

ここからは少し話を変えて、外国為替市場ならではの特徴について説明していこうと思います。

外国為替市場は1日当たりの取引量が約6.6兆ドルとも言われる世界最大の市場規模を誇りますが、株式のような取引所があるわけではなく、その中心は銀行同士が通貨を売買する「インターバンク市場」です。

そのため詳細な売買高などを把握することは難しく、売買高や需給などを基にしたテクニカル分析を取り入れにくいという特徴があります。


その一方で、外国為替市場は土日や元日などの一部祝日を除いて24時間取引が可能な市場であり、時間帯ごとに主な参加者が違うため、それぞれ特徴も異なります。

下図はドル円のチャート。時間帯ごとに区切りを入れていますので、主な参加者と特徴を確認してみて下さい(夏時間終了後は1時間ずつ後ずれします)。



① アジア時間 重要度C

前日のNY勢が退場する少し前から入れ替わるようにオセアニア(ニュージーランド、オーストラリア)勢が参入。8時頃から東京、続いて香港、シンガポール勢が参入。アジア勢主体の取引時間帯となりますが、残念ながら現在の為替市場では存在感が薄く、取引額も相対的に低いです。


② ロンドン午前 重要度B

・欧州勢が参入。さらにロンドンにある世界2番目の金融街シティーを有する英国勢が参入してきます。欧州通貨などはアジア時間にほとんど動きがなくても、この時間帯から急に活況を呈することもよくあります。


③ ロンドン午後 重要度A

NY勢が参入。世界の金融の中心地であるウォール街も加わることで、この時間帯が最も取引量が多くなります。また、米雇用統計などの重要な米経済指標が数多く発表され、市場の注目を集めます。


④ NY午後 重要度B

ロンドン勢が退場。NY勢の動意も鈍くなり、値動きも徐々に緩慢となっていきます。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)による米金融政策の公表はこの時間帯。その日ばかりは活発な取引が続きます。


取引参加者が多い時間帯の節目ほど重要

さて、ここまで外国為替市場の1日の流れについて説明したことには訳があります。というのも、節目となる高値・安値を選択する際には、先ほど説明した時間帯ごとを重要度が役に立つのです。


将来に影響を及ぼす価格の節目は、当然ですが多くの参加者によって形成されたものほど重要視される可能性が高く、トレンドラインを引く場合やトレンドの継続・転換を判断する際、アジア時間に形成された高値・安値などは残念ですが上手く機能しないことも多いです。

特に短期的なトレンドを分析する際には、節目となる高値・安値を「いつ付けたか」についても注意しておくとよいでしょう。

この連載の一覧
第97回 ポンドドル、短期的には上方向へ
第96回 ユーロ円、ユーロ導入来高値更新で未知の領域へ
第95回 ランド円、10数年来の相場転換となる可能性も
第94回 ドル円、急落後も上昇トレンドを維持
第93回 メキシコペソ円、上昇トレンドは健在だが・・
第92回 トルコリラ円、大きなチャンス到来か
第91回 豪ドル米ドル、上方向は攻めづらい
第90回 NZドル米ドル、トレンド転換につながる注目ポイントに接近
第89回 ユーロドル、ヘッド・アンド・ショルダーズの完成なるか
第88回 ドル円、5月中にも上方向へブレイクか
第87回 豪ドル円、上昇トレンド継続に黄色信号
第86回 NZドル円、上昇トレンド継続も目先は調整リスク
第85回 ポンドドル、長期下降トレンドの転換は間近?
第84回 ランド円、上昇トレンドは本物か
第83回 メキシコペソ円、レンジブレイクのチャンス到来
第82回 ユーロドル、レンジ相場脱却の手掛かりは乏しい
第81回 トルコリラ円、昨年8月以来のチャンスをものにできるか
第80回 ドル円、上昇トレンドを維持も上値追いは慎重に
第79回 NZドル米ドル、長期下落トレンドのブレイクは失敗か
第78回 豪ドル米ドル、依然として下落トレンド
第77回 ポンド円、来年以降の下値リスクに警戒
第76回 ランド円、ヘッドアンドショルダーズの可能性高まる
第75回 メキシコペソ円、レンジ相場がしばらく継続か
第74回 ユーロドル、メインシナリオはレンジ相場
第73回 ドル円、ポイントは一目均衡表雲の維持
第72回 低迷ぶりが際立つトルコリラ円、反発の可能性は?
第71回 豪ドル円、上値トライのチャンスだが力強さを欠く
第70回 NZドル円、いよいよ過去最高値も視野入りか
第69回 ユーロ円、月足チャートでは不安なし 週足では?
第68回 ポンドドル、一目雲に接近で正念場に
第67回 ランド円、ヘッドアンドショルダーズの懸念消えず
第66回 NZドル米ドルに反発のチャンス到来?
第65回 好調なメキシコペソ円に失速の気配
第64回 ドル円、150円台までは介入の可能性低い
第63回 カナダドル円、110円台への再挑戦が迫る
第62回 リラ円、一目雲を数年来上抜けできず
第61回 今後の豪ドル米ドル相場
第60回 今後のユーロドル相場
第59回 今後のポンドドル相場
第58回 今後のランド円相場
第57回 今後のNZドル円相場
第56回 今後のドル円相場
第55回 今後のメキシコペソ円相場
第54回 今後のトルコリラ円相場
第53回 今後の豪ドル円相場
第52回 今後のNZドル米ドル相場
第51回 今後のユーロドル相場
第50回 今後のユーロ円相場
第49回 今後の豪ドル米ドル相場
第48回 今後のポンド円相場
第47回 今後のドル円相場
第46回 今後のランド円相場
第45回 今後のトルコリラ円相場
第44回 今後のNZドル円相場
第43回 今後のメキシコペソ円相場
第42回 今後のユーロドル相場
第41回 今後の豪ドル円相場
第40回 今後のドル円相場
第39回 ダウ理論とエリオット波動(3)
第38回 ダウ理論とエリオット波動(2)
第37回 ダウ理論とエリオット波動(1)
第36回 ローソク足(3)
第35回 ローソク足(2)
第34回 ローソク足(1)
第33回 一目均衡表(4)
第32回 一目均衡表(3)
第31回 一目均衡表(2)
第30回 一目均衡表(1)
第29回 リトレースメント
第28回 避けられるリスク(その他の国編)
第27回 避けられるリスク(英国・オセアニア編)
第26回 避けられるリスク(日本・欧州編)
第25回「誰にでもわかるチャート教室」 避けられるリスク(米国編)
第24回「誰にでもわかるチャート教室」 ポイント&フィギュア
第23回「誰にでもわかるチャート教室」 練行足とカギ足
第22回「誰にでもわかるチャート教室」 新値足
第21回「誰にでもわかるチャート教室」 パラボリック
第20回「誰にでもわかるチャート教室」 エンベロープとボリンジャーバンド
第19回「誰にでもわかるチャート教室」 MACD
第18回「誰にでもわかるチャート教室」 ROC
第17回「誰にでもわかるチャート教室」 突発的な急変動に対処する
第16回「誰にでもわかるチャート教室」 DMI
第15回「誰にでもわかるチャート教室」 サイコロジカル・ライン
第14回「誰にでもわかるチャート教室」 RCI
第13回「誰にでもわかるチャート教室」 ストキャスティクス
第12回「誰にでもわかるチャート教室」 RSI
第11回「誰にでもわかるチャート教室」 時間軸の考え方
第10回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その4
第9回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その3
第8回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その2
第7回「誰にでもわかるチャート教室」 フォーメーションあれこれ~その1
第6回「誰にでもわかるチャート教室」 移動平均線~その2
第5回「誰にでもわかるチャート教室」 移動平均線~その1
第4回「誰にでもわかるチャート教室」チャネルラインと外国為替市場の独自性
第3回「誰にでもわかるチャート教室」相場の方向性が一目瞭然、トレンドライン
第2回「誰にでもわかるチャート教室」相場のトレンドを探る
第1回「誰にでもわかるチャート教室」 相場が不安定だからこそ、チャート分析に頼りたい

為替情報部 アナリスト

岩間 大祐

大学卒業後の2004年に国内証券会社に入社。 外国為替証拠金取引業務に携わった後、金融情報サービス会社にて個人投資家向けの為替情報配信業務を担当。市況サービスのほか、テクニカル分析を軸にした情報を配信する。 国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト。

岩間 大祐の別の記事を読む

人気ランキング

人気ランキングを見る

連載

連載を見る

話題のタグ

公式SNSでも最新情報をお届けしております